企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジョブアサイン ジョブアサイン

「ジョブアサイン」とは、一人ひとりの従業員に対して行われる、仕事の振り分けのこと。アサイン(assign/assignment)は「割り当て」や「任命」といった意味で、昇給昇格や配置転換などによって役割が変わったときなどに、誰にどんな仕事を担当してもらうかを考えることを指します。チームリーダーやマネジャーなどのマネジメント層が、チームメンバーや部下に対して行うことが多いようです。

ジョブアサインのケーススタディ

ジョブアサインは改善できる
全てのマネジャーを名監督へ

ジョブアサインは管理職の重要な役割ですが、ジョブアサイン能力を評価することは簡単ではありません。「いいジョブアサイン」の判断基準を明確にしている組織も、多くはないでしょう。しかし、労働環境が変化の渦中にある今、ジョブアサインの重要性が高まっています。製造業が中心の大量生産の時代には、働けば働いただけ業績が伸びていましたが、現在は限られた時間の中で成果を出さなければいけません。さらに、職場で多様な人材が働くようになることで、バックグラウンドの全く違うメンバーや、雇用形態が異なるメンバーが混在した中でマネジメントを行うことも増えてきました。

リクルートワークス研究所では、ジョブアサインの定義を「仕事の割り当て」にとどまらず「組織として達成すべき目標をふまえ、業務を具体化した上で割り振り、職務の達成までを支援すること」と定義しています。その上で、ジョブアサインに関するスキルを要素分解し、体系化。ジョブアサインのプロセスを大きく四つのステージに分けました。

まずは「目標設定」。良い目標を立て、それを達成するための職務を設計することが最初の段階です。次は「職務分担」で、最適な人選を行い、職務を委任します。ここでは、メンバーに「任務を任された」と意識させることが大切です。第3ステージは「達成支援」。メンバーの進捗を把握し、達成をサポートします。ジョブアサインは、割り振ったら終わりではなく、目標が達成するまでは成功とは言えません。さらに、最終ステージは「仕上げ・検証」。職務が完了したことを確認し、マネジャー自身が最後の手を加えてアウトプットをより良くすること。また、メンバーにフィードバックを行うと共に、マネジャー自身も内省し、次に向けた改善策を練ります。これで、一連のジョブアサインが完了します。

企業には、ジョブアサインの重要性を管理職に示したうえで、フローやジョブアサインの方法をしっかりと教育することが求められています。意識してジョブアサインを行うことは、メンバー自身のモチベーションにも大きく影響します。しっかりと自分を理解し、仕事を任せてくれていると感じることで、会社へのエンゲージメントも高まるでしょう。優秀な人材に継続して活躍してもらうためにも、管理職のジョブアサイン能力を高めることは重要なポイントといえます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

MBO(目標管理)
MBOとは、「目標管理」(Management by Objectives and Self Control)のことで、一定期間(通常は半期、または1期)ごとに達成すべき「目標」を設定し、事業や組織の運営に当たるマネジメント手法です。上司からの指揮命令系統によるマネジメントではなく、本人の自主性や自...
ラインマネジャー
企業において「マネジャー」という用語は一般的になりつつありますが、「ラインマネジャー」と聞いて、すぐにその業務や役割をイメージできる人は少ないかもしれません。ラインマネジャーとは、指揮命令系統が統一されたライン組織における管理職のこと。「ライン」は、経営学で使われる「ライン組織」という用語を指してお...
シェアド・リーダーシップ
「シェアド・リーダーシップ(shared leadership)」とは、職場やチームのメンバー全員がリーダーシップを発揮することを指します。リーダーシップとは、組織やチームの目標を達成するために必要な、他のメンバーに与える影響力のこと。一般的に「経営層やマネジャーといった権限保持者に必要な素養」と考...

関連する記事

6. ワーク・ライフ・バランスと管理職の役割
職場で仕事管理や人材マネジメントを直接行うのは「管理職」である。ワーク・ライフ・バランスの実現において、その役割は非常に大きい。管理職がその考え方を理解し、正しい取り組みに協力しなければ、企業におけるワーク・ライフ・バランスは、実現していくことが難しいだろう。...
2012/11/07掲載よくわかる講座
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事

関連するQ&A

人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
職務権限規程の必要性について
今回、資格及び職務基準を規程を設けようと考えています。内容は各資格及び職務に期待する行動・職務です。資格については資格規程があり、そのガイドラインという意味での資格基準となりますが、職務について職務を定めた規程はありません。 しかし、職務といってもラインの部長・課長など一般的なもので、敢えて規程に含...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...