【ヨミ】ショウニンヨッキュウ 承認欲求

「承認欲求」とは、他人から認められたいと思う感情のこと。組織やマネジメントについて研究し、承認欲求について何冊も著書を持つ同志社大学政策学部の太田肇教授は、「承認欲求は、人間の欲求の中で最強といっても過言ではない」と述べています。

承認欲求のケーススタディ

承認欲求は悪いもの?
認められたい欲を、役に立ちたい欲へ

米国の心理学者マズローは、人間の基本的欲求を表す「階層説」を提唱しました。人間には五つの欲求があり、より低次な欲求が満たされると次の欲求が現れるという考え方で、低次から生理的欲求(生命を維持したい)、安全欲求(危険を回避したい)、社会的欲求(集団に所属したい)、承認欲求(他者から認められたい)、自己実現欲求(自分の能力を生かして創造的活動がしたい)と続きます。

SNSが発展し、誰もが自由に発信できるようになった今、インターネットの無かった時代よりはるかに承認欲求が可視化されるようになりました。自分をよく見せるために情報を発信し、「いいね」ボタンを押してもらうことを生きがいにする人たちに対して、「承認欲求が強い」と感じることもあるでしょう。気になるのは、その言葉に込められた意味。誰かのことを「承認欲求が強い」と言うときは、必ずといっていいほどネガティブなニュアンスが込められています。では、承認欲求は本当に悪いものなのでしょうか。

気を付けなければならないのは、承認欲求には「光」の部分と「陰」の部分があること。承認欲求が良い形で作用すると、モチベーションが上がり成果を上げる原動力になります。一方、承認欲求が一度満たされると、「認められたい」から「認められなければ」と思うようになり、生きづらさや精神疾患につながることもあります。

承認欲求の「陰」の部分が強く出てしまう人たちには、自己を肯定する自覚(ベーシック・トラスト)を持てていないことが多いといいます。「自分はもともと価値がある存在」で「愛されている存在」だと自覚できていなければ、他者からの承認に頼ってしまうのです。このとき必要なのは、自分のことを無条件で受け入れてくれる存在。これは保護者や恋人といった「人」に限らず、成功体験などの「経験」でも代替することができます。

ベーシック・トラストが育つことによって、承認されたいという欲求は変わっていきます。評価軸が他者から自己に変わり、「自分が自分に満足しているか」という基準で判断できるようになるのです。他者から評価されたいと願う気持ちはゼロにはならないかもしれません。それでも、「他者承認」を「人の役に立つ喜び」へと昇華させていければ、承認欲求とバランス良く付き合っていくことができるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード