企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショウニンヨッキュウ 承認欲求

「承認欲求」とは、他人から認められたいと思う感情のこと。組織やマネジメントについて研究し、承認欲求について何冊も著書を持つ同志社大学政策学部の太田肇教授は、「承認欲求は、人間の欲求の中で最強といっても過言ではない」と言います。
(2019/3/25掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

承認欲求のケーススタディ

承認欲求は悪いもの?
認められたい欲を、役に立ちたい欲へ

米国の心理学者マズローは、人間の基本的欲求を表す「階層説」を提唱しました。人間には五つの欲求があり、より低次な欲求が満たされると次の欲求が現れるという考え方で、低次から生理的欲求(生命を維持したい)、安全欲求(危険を回避したい)、社会的欲求(集団に所属したい)、承認欲求(他者から認められたい)、自己実現欲求(自分の能力を生かして創造的活動がしたい)と続きます。

SNSが発展し、誰もが自由に発信できるようになった今、インターネットの無かった時代よりはるかに承認欲求が可視化されるようになりました。自分をよく見せるために情報を発信し、「いいね」ボタンを押してもらうことを生きがいにする人たちに対して、「承認欲求が強い」と感じることもあるでしょう。気になるのは、その言葉に込められた意味。誰かのことを「承認欲求が強い」と言うときは、必ずといっていいほどネガティブなニュアンスが込められています。では、承認欲求は本当に悪いものなのでしょうか。

気を付けなければならないのは、承認欲求には「光」の部分と「陰」の部分があること。承認欲求が良い形で作用すると、モチベーションが上がり成果を上げる原動力になります。一方、承認欲求が一度満たされると、「認められたい」から「認められなければ」と思うようになり、生きづらさや精神疾患につながることもあります。

承認欲求の「陰」の部分が強く出てしまう人たちには、自己を肯定する自覚(ベーシック・トラスト)を持てていないことが多いといいます。「自分はもともと価値がある存在」で「愛されている存在」だと自覚できていなければ、他者からの承認に頼ってしまうのです。このとき必要なのは、自分のことを無条件で受け入れてくれる存在。これは保護者や恋人といった「人」に限らず、成功体験などの「経験」でも代替することができます。

ベーシック・トラストが育つことによって、承認されたいという欲求は変わっていきます。評価軸が他者から自己に変わり、「自分が自分に満足しているか」という基準で判断できるようになるのです。他者から評価されたいと願う気持ちはゼロにはならないかもしれません。それでも、「他者承認」を「人の役に立つ喜び」へと昇華させていければ、承認欲求とバランス良く付き合っていくことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
モチベーション
組織の活性化や目標達成に向けた原動力となるのが、社員一人ひとりのモチベーションです。人事担当および経営層は、モチベーションに影響する要素を理解し、これを事業運営に生かしていくことが求められます。ここでは、モチベーションを構成する要素や低下する要因、向上させるための具体的な方法、事例を説明します。
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第44回 2011年「モチベーション新時代」の到来!
~新しい「やる気」の形とは何か?それを、いかに引き出していくか?
2011/01/10掲載人事マネジメント解体新書
小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
宮城まり子さん 社員が笑顔で、生き生きと働くための「キャリアカウンセリング」
コミュニケーション不全に陥っている職場や個人に対して、どのように支援していけばいいのか──。今回は臨床心理士として、またカウンセラーとしても豊富な経験を持つ、法政大学キャリアデザイン学部教授の宮城まり子先生に、社員が生き生きと働くためにどのようなアプローチが有...
2009/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...