無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】デュアルライフ デュアルライフ(二拠点生活)

「デュアルライフ(二拠点生活)」とは、都心と田舎といった二つの地域を行き来しながら、仕事や余暇などの都合に合わせて暮らす場所を使い分けるライフスタイルのこと。インターネットの発達によりリモートワークを行いやすくなったことや、シェアハウスや民泊といった新しい暮らし方が増えてきたことにより、二拠点を行き来しながら生活する人が増えています。また、デュアルライフを送る人たちのことを「デュアラー」と呼びます。

デュアルライフ(二拠点生活)のケーススタディ

趣味満喫型、故郷帰省型に、移住準備型
デュアルライフは十人十色

暮らしに関する理想をすべて実現するのは難しいもの。「都心でバリバリ仕事がしたい」「満員電車には乗りたくない」「休みの日には海や山でアウトドアを満喫したい」。一つの場所に暮らしながら、こうした願望をすべて叶えることは、簡単ではありません。そこで近年注目されているのが、「デュアルライフ」の考え方です。

かつて日本では、市街地の人口が減少し、郊外の人口が増える「ドーナッツ化現象」と呼ばれる傾向が見られました。勤務地から電車で1時間以上かかる郊外のニュータウンに自宅を持ち、緑のある環境で子育てをしたいと考える人が多かったのです。しかし、現在はどちらかというと都心回帰の傾向にあります。共働きが増えていることもあり、東京では利便性を優先した23区内の駅近物件の人気が高まっています。「平日は通勤しやすい都内に暮らし、休日は自然の多い田舎で暮らす」といったように、目的に応じて住む場所を分ける人が増えているのです。

近年はリモートワークが広がり、オフィスにいなくても仕事ができるようになりました。そのため、普段は田舎などで仕事を行い、必要なときだけ都心の会社に出社する、という人も増えています。通勤時間や移動時間がかからず、静かな環境で集中して仕事に臨めることから、生産性の向上も期待できる働き方です。

このように、一言でデュアルライフといっても、その目的や方法はさまざま。二拠点生活を送る「デュアラー」も、いくつかのタイプに分かれます。まずは、趣味満喫型。「サーフィンが好きで、週末は海のそばで暮らす」といった人たちが、このタイプにあたります。次に、ふるさと帰省型。自分や配偶者の故郷を大切にしたいという理由から、どちらかの故郷を拠点の一つにする方法です。そして、移住準備型。いつかは本格的な移住を検討しているが、一度住んでみて土地になじめるかどうかを試す人たちがこれにあたります。そのほかにも子育てや地方創生など、それぞれの目的に応じて、デュアラーたちは柔軟に住む場所や働き方を選択しているようです。

すでに二拠点生活を送っているのは、どんな人たちなのでしょうか。リクルート住まいカンパニーが2019年2月に発表した「デュアルライフ(2拠点生活)に関する意識・実態調査」によると、デュアルライフを送る人たちの過半数は20~30代で、約半数が800万円未満の世帯年収でした。「週末は別荘に」というと、少し前までは経済的に余裕がある人たちの暮らしぶりというイメージがありましたが、居住の多様化によって二拠点生活のハードルは低くなっているようです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード