無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】コンティンジェンシーリロン コンティンジェンシー理論

「コンティンジェンシー理論」とは、いついかなる状況でも高い成果を発揮する唯一最善なリーダーシップは存在せず、外部環境の変化に応じて望ましいリーダーシップのスタイルも変化すべきだとする考え方を指します。コンティンジェンシー(contingency)とは偶然性や偶発性という意味。1940年頃までは、リーダーシップは「資質」の要素が大きいとされてきましたが、1960年代にコンティンジェンシー理論が説かれると、「状況に応じて役割を変えるべきもの」だというリーダーシップのあらたな考え方が広がりました。

コンティンジェンシー理論のケーススタディ

どこでも通用する理想のリーダーは存在しない
変化する環境とリーダーとの相性

管理職として転職してみたけれど、新しい環境でなぜか力を発揮できない。前の会社ではうまくいっていたのに、なぜだろう……。リーダーとしてどのようにふるまうべきなのか、悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。

リーダーとは何か。このテーマを、これまで多くの学者が研究対象にしてきました。前述の通り「資質」を重視する考え方もあれば、「行動」を主軸に定義する考え方、「カリスマ性」や「変革性」など、考察の切り口はさまざまです。

その中でも、コンティンジェンシー理論は、状況に応じてリーダーシップのスタイルを変化させることに価値を置く考え方です。これを提唱したフィドラー(F.Fiedler)は、リーダーのタイプを大きく二つに分けています。

タイプを分ける前提となるのが、リーダーにも人間関係の好き嫌いがある、ということ。そのうえで、LPC(Least Preferred Coworker=元も嫌いな同僚)という指標をさだめています。LPC指数が高いリーダーは苦手なタイプともうまくやっていく「人間関係志向」、LPCが低いリーダーは苦手な相手とうまくやることより職務を優先する「職務志向」と呼ばれます。

フィドラーはこの二つのタイプが、置かれた状況によってどのような成果をあげるのかを調査しました。環境は、(1)リーダーが支持されているか、(2)仕事が構造化されているか、(3)リーダーに権限が与えられているかの三つの指標から評価。それぞれの状態とリーダーのタイプが、成果にどのように影響するかを調べたのです。

その結果、環境がリーダーにとって、とても良い(1.支持されており、2.構造化されており、3.権限がある)場合と、とても悪い(1.支持されておらず、2.構造化もされておらず、3.権限もない)場合、LPCの低い「職務志向」のリーダーが高い成果をあげることがわかりました。一方、その中間の良いとも悪いともいえない環境に置かれた場合には、「人間関係志向」のリーダーが高い成果をあげたそうです。これにより、どのような状況でも通用する唯一最善なリーダーはいないことが証明されました。

コンティンジェンシー理論によると、どんな時でも「正解」といえるリーダーシップは存在しません。だからこそ、リーダーのあり方に悩んだときには、状況を要素分解し、どのような行動が好まれるかを分析してみる必要があるのではないでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「コンティンジェンシー理論」に関する記事

「コンティンジェンシー理論」に関する書式・テンプレート

テーマ別研修の目的・テーマ例・留意事項

事業展開と課題から必要な研修テーマを決定します。テーマには「グローバル研修/コンプライアンス研修/リーダシップ研修/ダイバーシティ研修」などがあります。
ここでは、研修テーマの設定、テーマ研修例の解説、研修の運営上の留意事項などを盛り込み整理しました。

ダウンロード