企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

こんなに楽しい!『知的』働き方改革

日本の働き方を変えるため国策、働き方改革。おそらく、皆様の企業でも何らかの形で、働き方改革を導入し始めていらっしゃることでしょう。

本来は、企業側が自ら推進して行わなくてはならぬこの施策を、政府が進めているのは、このまま私たち民間に任したままにしておいても、変えていくことが難しいと感じているからに他なりません。

長年、メンバーシップ制で培われた日本的な組織や働き方を変えるのは難しく、日経新聞にも発表されたように、新入社員が、入社してすぐに、旧態依然とした職場の仕事スタイルに驚き、大きなをギャップを感じています。また、入社して数日で、「こんな会社にいられない」と辞めてしまう者もいるようです。

コンサルティング会社である弊社も、大手企業や業界団体から、毎年新入社員研修を依頼されます。

今年の新入社員は、総じて真面目で、研修中に眠っている者など一人もおらず、AI導入で、今後自分たちの仕事はどうなるかと案じながら、必死で生きていくための仕事を覚えようとしています。

しかし問題は、これも日経に掲載されていましたが、「新人のおどろき」は、

2位「仕事のマニュアルや説明がなかった

5位「仕事をだらだらやる」

6位「データに基づかないアナログな判断が多い」

というような、およそ効率的で人材育成ができる環境が整っていないというのが、現状ではないでしょうか?

かれらをスクスク伸び伸びと育むためにも、

仕事を見える化し、誰がどこまで仕事をするかを明確にモジュール化して、マニュアルを作っておけば、

誰もが、仕事を上手くできるようになります。

すると、≪見える→わかる→できる→成果があがる→楽しい!≫という好循環が起こり、

仕事が楽しくなり、そして、職場も明るくなり、チーム力も高まり、本来の目的である生産性も高まるのです。

 

また、仕事を見える化・モジュール化することで、仕事ができる人は、

「何を」「どう考えて」いるから、仕事ができるのかという暗黙知やノウハウ、知恵が見える化できます。

すると知恵のデータベースが構築できます。

 

AI導入に備えるためにも、この知恵のデータベースは、何よりも貴重な企業の財産ともなるのです。

 


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
田原 祐子
田原 祐子(タハラ ユウコ)
株式会社ベーシック 代表取締役
オール電化の売上を70倍にアップし、シェアを逆転させた陰の仕掛け人。全都道府県で指導した会社は1300社以上、育てた営業マンは12万人以上
1998年に株式会社ベーシックを設立。現場における徹底した実践指導をもとに、売れる仕組みを構築。売上・モチベーションアップを図り、やる気溢れる組織や人材を育成に余念がない。クライアントから絶大な信頼をよせられ多くの販売戦略関連の実績を上げる
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、マネジメント、営業・接客・CS、ビジネスマナー・基礎
対応エリア 全国
所在地 東京都/新宿区

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

累計受講者15万人突破!若手向け通信教育 リクナビHRTech

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....