企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

夏バテ中でもモチベーションがUPする2つの褒め方

暑中お見舞い申し上げます。

異常なほどの猛暑が続いていますが、体調を崩していませんか?

 

熱中症や脱水症状、睡眠不足などには十分気をつけていても、夏バテをしてしまうこともありますよね。

 

部下や後輩が夏バテをしているとき、あなたはどんな風に声をかけますか?

 

今回は、夏バテ中の部下や後輩の仕事へのモチベーションを上げる、2パターンの褒め方についてお伝えします。

 

 

・褒めるために必要なのは下準備! 相手の「価値観」を知ろう

 

2パターンの褒め方をするためには、相手が仕事において大事にしている2つの価値観を知っておく必要があります。

 

1つ目は、「こんな自分になりたい」という理想像です。

たとえば、斬新なアイデアでヒット商品を生み出したい、新規開拓をして売上げを伸ばしたいといったことです。

 

2つ目は、今のその人が大事にしている価値観です。

顧客のニーズに応えられるように話を最後まで聴くとか、ミスがないように何度も確認するとか、普段から意識して取り組んでいることです。

 

これらの価値観を普段の会話や面談などで把握しておくことで、夏バテをしているときに効果的な褒め方ができるんです!

 

 

・夏バテで体力がないときは、「ありのままの姿」を褒める

 

人間が行動を起こすときは、「こう見られたい」という動機が働きます。

 

「自己確証動機」とは、ありのままの自分を受け入れてほしいときに働きます。

 

すると、普段の自分が大事にしている価値観に基づいて行動するので、「いつも◯◯さんが確認してくれるから、ミスがなくて助かる」というように褒めるといいでしょう。

 

すると、上司が自分を理解してくれた喜びから、仕事に対する意欲がわいてきます。

 

 

・体力が回復してきたら、「なりたい姿」に近づいていることを褒める

 

夏バテ中はあまり無理をさせるのは良くないですが、体力が回復してきたら褒め方を変えてみましょう。

 

せっかくやる気になってきたのに、「今のままでいいんだよ」と言われるとガッカリしてしまいますよね。

 

理想に向かって努力するときの原動力になるのが、「自己高揚動機」です。

「ヒットメーカーになりたい」という理想に向かって頑張っているときは、「おもしろい発想だね!」というように理想に近づいたと感じられるような褒め方をします。

すると、「もっと理想に近づきたい」と感じて、仕事へのモチベーションが上がります。

 

体がだるいときに、むやみに励ましても無理をさせてしまうだけです。

体調に合わせて褒め方を変えることで、夏バテから回復して、仕事へのモチベーションも上がりそうですね。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
服部 裕樹
服部 裕樹(ハットリ ヒロキ)
ブラックスミス 代表
社員一人ひとりが個性・適性を認め合い、才能を最大限発揮できる働きがいのある職場づくりを目指します!
自身の経験として、マッサージ店補経営、IT事業を経て、働き方改革のコンサルティング事業を始めている。
経営者と従業員の両方の心に寄り添った提案を行います。
得意分野 モチベーション・組織活性化、マネジメント、コーチング・ファシリテーション、チームビルディング、情報システム・IT関連
対応エリア 全国
所在地 大阪府/高槻市

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

HRコンソーシアム

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。