企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-秋- 参画企業
事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
採用コンサルティング・採用アウトソーシング
組織・人事コンサルティング

「個人×組織」を実現する人事コンサルティング会社アチーブメントHRソリューションズ株式会社

アチーブメントエイチアールソリューションズカブシキガイシャ

https://achievement-hrs.co.jp/

〒105-0023 東京都港区芝浦1-3-3浜松町ライズスクエア4F
対応エリア:全国、代表者名:青木 仁志、従業員数:30名

育成・研修 形だけのOJTを脱却!成果重視型「OJTトレーナー研修」

人を育成する姿勢や、具体的な指導スキルを学び、職場の育成力の底上げを図ります。

解決できる課題:モチベーションの向上コミュニケーションの活性化リーダーシップ強化

このサービスのポイント

「人材育成=自分の成長」であることを認識
教えることによって、自分の仕事を整理・体系化できることを再認識する。
役割を認識し、指導者として成長する
新入社員に関わる重要性を認識し、どのようなスタンスで向き合うかべきかを学ぶ。
動機づけできるコミュニケーションを学ぶ
入社員のモチベーションを維持しながら育成していくコミュニケーションを体得する。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日40万円~(テキスト費別)
導入社数 導入社数非公開
対象階層若手社員中堅社員
対象職種全職種
テーマリーダーシップコミュニケーション
サービス形態研修講師派遣貴社での集合研修[ワークショップ・講義]
期間・回数・時間2日間 ※ご相談可 
対象人数推奨人数/18~32名

サービス詳細

OJTトレーナー研修とは

新入社員の育成においてOJTトレーナーの存在は大変重要なものです。
OJTトレーナーとして、人を育成するための姿勢や具体的な指導スキルを学び、職場の育成力を底上げする“OJTトレーナー研修”です。

【こんな課題にお役にたてます!】
OJTトレーナーが新入社員を育成する意義や目的を自覚できていない
育成の経験がないため、どのように関っていけばよいのかが、分からない
新入社員の育成に関ることで、OJTトレーナー自身の成長につなげてもらいたい
やみくもに関るのではなく、計画性をもったOJTトレーニングを行いたい

新入社員教育の意義を改めて理解し、OJTトレーナーの「指導者としての意識」を醸成

 

「人材育成=自分の成長」であることを認識
人に教えることによって、今までの仕事を整理し、体系化することができるようになり、今までの仕事を振り返るきっかけとなることを、研修の中で再認識して頂きます。

期待されている役割を認識し、指導者としてのあり方を学ぶ
新入社員にとってOJTトレーナーはモデルとなる存在です。新入社員に関わる重要性を認識し、どのようなスタンスで向き合うかべきかを研修を通して学び、「言っていることとやっていることが一致している」言行一致のOJTトレーナーを目指していきます。

動機づけができるコミュニケーションを学ぶ
教える側と教えられる側には知識・経験の差があり、「これぐらい分かるだろう」という考えは間違った認識を新入社員に与える可能性があります。認識のギャップを生まず、新入社員のモチベーションを維持しながら育成していくためのコミュニケーションを研修でのワークを通じて学びます。

育成方針を描き、実践につなげる
育成計画・方針を明確にし、新人育成を行うために求められるOJTトレーナー自身の行動や必要な周囲の協力を視覚化します。

カリキュラム

【プログラム内容】
日程・トピックス 内容
1日目
午前
オリエンテーション
最近の新人の特徴
自分の新人時代を振り返る
1日目
午後
OJTトレーナーのスタンス確認
実習:新人の気持ちを理解する
新人の心理を理解する
2日目
午前
実習:コミュニケーションギャップを取り除く
コミュニケーションスキル
2日目
午後
新人の育成計画をまとめる
(研修の学びの落とし込み)