企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

データに基づく戦略的な企画(ロジック)と350名の専門講師(経験ノウハウ)による人材育成Brew株式会社

ブリューカブシキガイシャ

http://www.brew-ing.com/

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-6サガミビル2F
対応エリア:全国、海外、代表者名:原 佳弘、資本金:300万円

育成・研修 「考える」「体験する」機会を通じて自主性を養成する 職場リーダー研修

インプット~アウトプット~フィードバックのサイクルを研修で学び、そのサイクルを現場で発揮することを目標とした研修

解決できる課題:モチベーションの向上リーダーシップ強化管理職層の能力開発
チームビルディング

このサービスのポイント

リーダーに必要なマインド・スキルを習得
部門やチームといった、一般社員で染み付いた価値観・思考の枠組みに囚われている状態を打破し、新たなチャレンジや改善に取り組む意識や行動を生み出します。
知る~やってみる~フィードバックの研修
研修自体が、インプット~アウトプット~他者フィードバックを基本とした構成となっています。その仕組を現場で発揮いただくことを目標としています
リーダーに必要な共通言語・目標を養成
現場の上司にリーダー育成を任せたことで、育成状況にばらつきが出ている課題を研修で解決。リーダーの在り方をリーダー全体に共通言語で共有します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1クラス1日 45万円(税別)~
導入社数 55社 ※2019年4月期実績
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマリーダーシップチームビルディング
サービス形態研修講師派遣貴社での集合研修[ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間1日 6~7時間 (1日終日)
2日 合計14~15時間 (2日連続 or 間を1ヶ月ぐらい空けて)
対象人数15~20名が最適人数 最大30名まで対応 
※料金設定は人数別ではないため、30名まで同一料金です

サービス詳細

ご依頼頂くケース例 「こんなケースはございませんか?」

①リーダーの捉え方を、代表者や役職者といった枠に囚われてしまう
どうしても、一般社員だった時の価値観・思考の枠組みに囚われてしまい、新たなチャレンジや改善に取り組む意識や行動が生まれにくい。自分はリーダーではない、という意識にとらわれている。

②リーダーの意識はあるが、具体的スキルに欠ける
リーダーとして、チームの和や現場の雰囲気を優先してしまい、方向性や解決策を自発的に見出しチームを引っ張っていくことができない。空回りしている状態。

③自分の後任・右腕を育てられない
各現場の特性や状況に応じて、現場の上司にリーダー育成を任せてみたが、上司や環境、そしてリーダー本人の状況によって、育成の進捗やコアな中身が異なってしまう

このようなケースは多く見受けられるものの、なかなか打ち手にこまるものです。

当社では、御社の状況に応じた、研修設計・講師選定を行い、プログラム開発を行います


 
弊社のリーダーシップ研修のコンセプト

このプログラムは、下記の4つの気付きのキッカケ、ポイントを踏まえながら、「リーダーシップ」を“開発”していきます

●世の中のリーダー分析
●自身の強み
●他者評価
●リーダーシップ体験
●イノベーション体験
●リーダーシップタイプ認識
●リーダーとしての目標設定

自身のプチリーダーシップ体験から、リーダーシップマインド・役割認識を高め、チームにイノベーションを起すためのリーダーシップを開発します。 


 

カリキュラム

【研修プログラム案】
日程・トピックス 内容
1日目
午前
1.オリエンテーション
・研修の概要
・参加の目的と目標を明確にする

2.成果を創り出す方法
・成果を創り出す5つの方法
・自分が決めているルール
・全体シェアをすることで場の雰囲気を創る

3.自分の強みを活かして成果を創る
・ビジネスリーダーに求められる14の要素
・自分の強みと弱みを洗い出す
・自分の強みを活かして組織に貢献する

4.自らの役割認識を高める
・私たち中堅社員に期待されていることは何か
 ①上司から
 ②部下後輩から
 ③他部署から
 ④お客様(市場)から
・自分の果たす役割とは何かを探求する

【宿題】
1日目
午後
5.リーダーシップ体験ゲーム
・紙の塔を作る
・20枚の紙(A4)を使って、どこよりも高い塔を作る
・ゲームでの気づきを現場でのリーダーシップに置き換えると何が学べるのか

6.リーダーシップとは何かを考える
・リーダシップとマネジメントの違いとは何か
・リーダーに求められる行動とは何か

7.チーム活性化の役割を担う
・チームと単なる人の集まりとの違い
・成果を生み出す組織
・学習障害を起こす組織
・あなたが創り出したいチームとは

8.チームにイノベーションを起こす(体験ゲーム)
・チームで成果を創るプロセスを体感する
2日目
午前
9.昨日の振り返り
・学び、気づき
・振り返りの大切さを考える

10.フィードバックを受けて
・部下(後輩)からのフィードバックで感じたこと
・リーダーは自分の知らない部分を知ることが必要
・ジョハリの窓

11.現状分析と課題設定『中堅社員として、我々は何をなすべきか』
・現場では何が起こっているのか
・チーム活性化について「うまくいっていること」「うまくいっていないこと」「今後の課題」

12.リーダーシップゲーム
・「アイドルを探せ」
・内容の違う情報シートを持つ
・全員の情報を共有することで課題は達成
・自分のグループへの影響力を振り返る
・グループメンバーのフィードバック
2日目
午後
13.影響を受ける人/受けたくない人の特徴
・影響を受ける人/受けたくない人の要素を考える
・これまでのビジネス経験をヒントにする

14.人を動かすモチベーションマネジメント
・人間のやる気とはどのようにして起こるものなのか
①外発的動機 ②内発的動機

15.リーダーシップコミュニケーション
・人を巻き込むリーダーシップスキルとは何か
・相手のタイプに合わせた柔軟な対応
・自分のタイプを知る

16.相手を巻き込むコミュニケーションスキル
・相手との信頼関係を構築するペーシングスキル
・アクティブリスニングのスキル

17.目標設定
・アクションプランの作成と発表

導入実績

導入社数 55社 ※2019年 4月 期実績
導入先 大手自動車メーカー、大手通信キャリア、大手エネルギー企業、大手食品メーカー、大手製薬メーカー、大手証券会社 等 通算50社以上
研修担当者の声

今回は、Brewさんとゼロからリーダー研修を作り直すことを取り組みました。

当社を取り巻く環境はどうなのか、業界の先行きはどうなるのか、未来のビジョンを作るリーダー研修だからこそ、大きな視点で考え始めました。

そして、Brewさんからは、担当講師を複数ご提案いただきましたが、この岩下講師がとても良かった。講師としてより、人として尊敬できる方でした。

パワーポイントをつかわず、ポイントの解説をし、適宜必要な量、重さのワークを取り入れ、各セッションごとに、落とし込むフィードバックが的確でした。また、来年度以降もご依頼する予定です。

<食品メーカー人事部人材開発担当>

よく寄せられる質問

研修講師はどのような方が担当されますか?
事業会社でのマネージャー経験+企業内でのトレーナー経験があり
かつ、独立講師として5年以上「リーダー研修」を導入経験がある実績十分な講師が担当します
ダウンロード資料には講師プロフィールが記載されています
ワークをふんだんに取り入れるようですが、どのようなワークをされるのでしょうか?
はい
クライアント様のねらいや課題、そして業界や風土に応じて、取捨選択いたしますが、主に下記のようなワークを行います。

1)「部下・後輩に自分の役割を聞いてくる」 リーダーシップの源泉探求
2)「ペーパータワー」 リーダーのチームマネジメント体験
3) イノベーション体験 「キャッチボールの目標設定ゲーム」
4) 自身のリーダーシップ特性体験ゲーム「アイドルを探せ!」

ワークを実施することが目的ではないため、受講生の当日の状況に応じて、実施方法やかける時間なども変更しながら実施いたします

サービス資料を無料ダウンロード