企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

自律型人材の育成と個人の特性を活かした人事戦略を株式会社ビジネスパスポート

カブシキカイシャビジネスパスポート

http://www.bpass.co.jp

〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-3-8日本橋優和ビル4階
対応エリア:全国、代表者名:与謝野 肇、従業員数:13名、資本金:20,000千円

育成・研修 【人事考課者・人事評価者研修】評価マインド×実践力×フィードバック力

ケーススタディと受講者同士のディスカッションを通じて、「公平」で「公正」な評価マインドと実践力を身に付ける。

解決できる課題:賃金・評価制度、人事評価の見直し人事のスキルアップ・資格取得
ダイレクトリクルーティング

このサービスのポイント

☆人材育成と業績向上を実現するために
[知識]計測可能な目標設定・公平な人事考課
[グループ討議]実践演習により、他の管理職と評価基準の統一化・標準化
[コーチング]フィードバックによる成長支援
☆講師は管理職および経営職を担った経験者
講師は、実際に企業において、管理職や経営者として、人事評価に様々な苦労をし、体得してきた経験者が担当し、自らの実体験を基に講義いたします。
☆貴社制度に合わせてカスタマイズ
御社の人事制度、人事考課方法および今後期待する改善点を事前に打ち合わせ、カスタマイズした研修を行います。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1.1万円/人(教材費込・税別)
※半日(4時間)コース 10~20人の場合の目安
※受講者数や内容により研修費用は異なります
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーマ人事考課・目標管理
期間・回数・時間半日(4時間)または1日(7時間)
ご要望により対応いたします
対象人数3名から対応します

サービス詳細

1.研修の狙い

公平で納得感のある人事考課を行うために

部下の人事考課(業績評価)は、管理職の重要な仕事の一つです。

管理職は、担当組織の業務目標の達成を図るために、部下と業務目標を共有し、その実施状況を
管理し、賞与・昇給・昇格時には部下の人事考課を行いますが、そのためには、公平で納得性のある評価マインドを持ち、部下との面談を行うことが必要です。

人事考課者(評価者)研修では ”3つの力” の習得を狙いとします。

 評価マインド[知識]×実践力[演習]×フィードバック力[スキル]

・人事考課についての基本的な考え方や評価知識を学びます。
・貴社の使用する考課表を使用してケーススタディを行い、実践力を身に付けます。
・グループ討議を行い、他の管理職と対比することにより自己の陥りやすい考課の誤りを認識し、
 さらに、全体討議を行い、評価の基準の統一化・標準化への理解を促進します。
・コーチングスキルを用いて、部下へのフィードバックによる成長支援するスキルを学びます。

実際に企業において管理職および経営職を担った経験者が講師になり、自らの人事考課経験を踏まえた実践的な講義を行います。
研修の実施に当たっては、貴社の人事制度および考課実施の実状、今後期待する改善点、および現在使われている考課表等を開示していただき、お打ち合わせのうえ、研修を実施します。

2.研修のプログラム(例)

(1). 目標管理制度とは
 ①目標管理制度の構造
 ②良い目標とは
 ③測定可能な目標設定
 ④定量目標と定性目標
 ⑤具体的目標の設定について

(2). 人事評価及びフィードバック
 ①人事評価制度の概要
 ②人事評価制度の構造
 ③評定者の心構え
 ④本人・上司面接(総論)
 ⑤評定者の陥り易い評価傾向
 ⑥面接の事前準備
 ⑦面接の進め方
 ⑧面接の具体的対処法

(3). コーチングとは
 ①職場におけるコーチングの意義
 ②部下のことを理解する 傾聴
  ・傾聴に関するロールプレイ
 ③部下の気持ちを引出す 承認
 ④部下のやる気を引出す 質問
  ・承認・質問に関するロールプレイ
 ⑤実践演習(ケーススタディ)

(4). 業績評価演習
 貴社人事評価実例をベースとして評価演習
 (良かった点は何か、改善すべき点は何か)