企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2018 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修

株式会社トランストラクチャ

https://www.transtructure.com/

〒102-0083 東京都千代田区麹町5-4KY麹町ビル
対応エリア:全国、代表者名:林 明文、従業員数:50名、資本金:8000万円

このセミナーの受付は終了しました。
無料東京都/千代田区 受講対象: 管理職 経営者・経営幹部 人事・労務 その他

「働き方改革」と人事管理」
~新しい働き方に向けて人事管理はどう変わるか?~

当セミナーでは、人事管理の観点から「働き方改革」をとらえ、事例を交えて検討していきます。

  • 経営戦略・経営管理
  • 法改正対策・助成金
  • 労務・賃金
  • マネジメント
開催日時

2018/03/14(水) 10:00 ~ 12:00 (受付2018/03/14(水)09:30~)

受講費 無料
会場名 アルカディア市ヶ谷

セミナー概要

~経営者および管理・人事部門責任者様限定~

わが国の人口構造の変化は、生産年齢人口が急速な減少をもたらします。このような環境にあっても国の付加価値を継続的に高めていくためには、働く人々の労働生産性を大きく向上させ、高齢者、女性、外国人等の労働参加を促していくことが不可欠です。

こうした状況に対応するため、政府は2017年3月に「働き方改革実行計画」を決定し、これに沿った法を速やかに整備しようとしています。働き方改革関連法は、2018年通常国会の最大のテーマのひとつとなるでしょう。
「働き方改革実行計画」に示される各種の課題の中には、労働生産性と労働参加率との向上を狙いとして、わが国の雇用慣行を根底から変えようとするものが数多く含まれています。個別企業においては、これをどのように受け止め、人事管理上どのような改革を進めていくべきでしょうか。

本セミナーでは、人事管理の観点から「働き方改革」をとらえ、事例を交えて検討していきます。

プログラム
■働き方改革の背景と目的
■働き方改革に示される主な課題
・同一労働同一賃金
・長時間労働の是正
・柔軟な働き方
■働き方改革を見据えた人事管理のあり方

【ご参加いただきたい企業】
・生産性向上に取り組まれようとしている企業
・採用競争力をつけようとしている企業
・人事制度を改革されたい企業

講師情報

株式会社トランストラクチャ
代表取締役 シニアパートナー

森 大哉(モリ ヒロヤ)

早稲田大学法学部卒業。三菱重工業株式会社に入社し、労務管理・海外調達関連業務に従事。同社在職中にニューヨーク大学経営大学院修了。その後、トーマツコンサルティング株式会社に入社。戦略・組織コンサルティング業務を経て、同社パートナー就任。続いて、朝日アーサーアンダーセン株式会社にて、人事組織コンサルティング部門の部門長として数多くの組織変革を支援。同社パートナーを経て、現職。学校法人桜美林学園理事。

詳細情報

開催日時 2018/03/14(水) 10:00 ~ 12:00 (受付2018/03/14(水)09:30~)
会場住所 東京都千代田区九段北4-2-25 アルカディア市ヶ谷 (地図を表示)
会場名 アルカディア市ヶ谷
講師 森 大哉
受講費 無料
定員 50名
参加申込期限 2018/03/14(水) 10:00
申込後のキャンセル期限 2018/03/14(水) 10:00
受講対象 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、その他
主催 株式会社トランストラクチャ