企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トクテイキュウショクシャコヨウカイハツジョセイキン 特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)

60歳以上の人、身体障害者、知的障害者、母子家庭の母など、就業機会がとくに困難な人を雇用保険の一般被保険者として、ハローワークなどにより雇い入れた場合に支給される助成金です。
(2005/8/8掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)のケーススタディ

身体障害者や母子家庭の母などを雇用したときに支給
支給金額の詳細をあらかじめ知る方法が少ないのが難点

特定求職者を継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主に対して、その賃金の一部を助成し、特定求職者の雇用機会の増大を図る制度です。ここで言う「特定求職者」とは、60歳以上の人、身体障害者、知的障害者、母子家庭の母など就業機会がとくに困難な人のことを言います。ほかに、中国残留邦人等永住帰国者や北朝鮮帰国被害者等、炭坑離職者求職手帳所持者、アイヌの人々なども含まれます。

この助成金は、原則としてハローワークや適正な運用を期すことができる有料・無料職業紹介事業者経由で雇い入れた場合に支給されるもので、企業が特定求職者を雇用したとしても、ハローワークなどの紹介日以前に雇用されていたり、採用が内定していたりした場合は対象になりません。

この制度による助成対象期間は雇い入れた日から起算して1年間ですが、重度身体障害者、重度知的障害者、45歳以上の身体障害者、45歳以上の知的障害者または精神障害者を雇い入れた事業主に対しては1年6カ月の間、助成金が支給されます。

受給できる金額は、厚生労働大臣が定めた方法で算定した賃金相当額(これを基準賃金額と言います)に、対象労働者の区分ごとの助成率をかけた金額で、事業主が実際に支払った賃金に助成率をかけた金額ではないため、非常にわかりにくくなっています。

「この制度における支給額は、厚生労働省のホームページにも記載がないため、申請するまではいくらになるのか一般の事業主には知るすべがほとんどありません。支給申請書をもらって初めて計算表を目にすることができ、支払った平均賃金に相当する等級や基準賃金額を知ることができるわけです」(有限会社人事・労務の根本大作・チーフコンサルタント)

一例を挙げれば、事業主が実際に支払った1人当たりの平均賃金(6カ月合計)が125万円以上150万円未満であったときの基準賃金額は80万3900円で、これに対象労働者の区分ごとの助成率(1/2、1/3、1/4)をかけた金額が支給額になり、これを半年に1度ずつ受給することになります。

この助成金の受給要件で注意したいのは、対象労働者の雇い入れ日前6カ月と後ろ6カ月に、雇用保険被保険者である従業員を事業主都合で解雇していないことです。

この制度は、一例として家事代行会社などで母子家庭の母を対象に、また、整骨院などで身体障害者を対象に利用されています。少し気になるのは、近年、採用の現場では企業モラルとして家庭の事情などを聞きにくくなっていることで、「母子家庭の母など、助成金の対象労働者であることが面接の段階でわからないこともあるようです」(根本さん)。助成制度を前提として採用を決めたい場合もあるでしょうから、こうしたときには遠慮なく社会保険労務士に相談したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

助成金
新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。
中小企業基盤人材確保助成金
新しく会社を起こしたり、異業種へ進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。ハードルは高いけれども支給金額も大きい助成金なので、起業家には見逃せない制度と言えます。
介護基盤人材確保助成金
新しく介護分野で創業したり、異業種から介護分野に進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。少子高齢社会が進む中で、ますますニーズが高まり、注目を集めています。

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
継続雇用に関する助成金について
継続雇用に関する助成金について、質問させてください。  弊社では、以前から定年等の取決めは就業規則等で定めてはいなかったのですが、そういった事業所でも、受給資格はあるのでしょうか。
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。



次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...