企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スイミンフサイ 睡眠負債

「睡眠負債」とは、毎日きちんと寝ているつもりでも、必要な睡眠時間に対するわずかな不足分が、まるで借金(負債)のようにじわじわと積み重なっていく状態を表す言葉です。その蓄積した睡眠不足の影響で、自分でも気づかないうちに仕事や家事のパフォーマンスが大幅に低下したり、深刻な病気のリスクが高まったりする可能性があることが、最新の研究によって明らかになってきました。「睡眠負債」は日本人の、とくに働き盛りの人々に広がっているといわれ、対策の重要性が叫ばれています。
(2017/6/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠負債のケーススタディ

充分寝ているはずが知らぬ間に溜まる睡眠不足
眠らない国・日本の経済損失は年間15兆円に

あなたは毎日、ちゃんと睡眠をとっていますか?――“YES”“とくに問題はない”という人は要注意。案外、「睡眠負債」が溜まっているかもしれません。自分ではそのことになかなか気づかないところが、「睡眠負債」の厄介な点だからです。

徹夜明けや平均睡眠時間が3時間の日が続くなど、極端な寝不足であれば、強い眠気を感じ、自分でも脳のパフォーマンスが明らかに落ちているとわかります。ところが一日の睡眠時間が6時間程度で、本人はしっかり眠れていると感じていても、本来必要とされる睡眠の質と量からすると、実はわずかに足りていないのです。そのわずかな睡眠不足の影響は自らの身体への“借り”となって、本物の負債のように自覚のないまま、日々じわじわと積み上がっていきます。それが「睡眠負債」の恐ろしさなのです。

1日に必要とされる睡眠時間は年齢などによって異なりますが、20~50歳代の働き盛り世代であれば、1日7~8時間程度が目安といわれます。それが、平日は忙しさなどから6時間ほどしか眠れていないとすると、1日1~2時間ずつ不足が生じ、週末には5時間以上の「睡眠負債」が積み上がってしまう計算に。充分寝ているはずなのに、週後半まで体力が持たない、仕事中についウトウトしてしまう、集中力が続かずミスをしがち、休日は寝るだけで終わってしまうといった悩みの陰には、こうした「睡眠負債」が潜んでいるのかもしれません。また、最新の研究の成果によると、「睡眠負債」は脳のパフォーマンスを低下させるだけでなく、がんや認知症といった深刻な病気のリスクを高めることも分かってきました。

厚生労働省が毎年行っている「国民栄養・健康調査」によれば、一日の平均睡眠時間が6時間以下の人は、2008年には全体の3割もいませんでしたが、その割合は年々増え、15年には約4割に達しています。一方で、平均睡眠時間が7時間以上の人は減り続け、15年には全体の4分の1ほどになっています。いまや日本人の睡眠時間は、先進国の中で最も短くなりました。アメリカのシンクタンクの調査でも、「働き手が病気で減る」「仕事のパフォーマンスが落ちる」といった睡眠負債による弊害が最も深刻と評価されたのは日本で、その経済損失は最大で年間15兆円にのぼると試算されています。

現在、働き方改革の議論の中でも「勤務間インターバル制度」の導入などが検討されていますが、働く人々が充分に眠れる環境づくりは、生産性向上の観点からも社会や企業にとって喫緊の課題でしょう。もはや「睡眠負債」を、個人の自己管理の問題に矮小(わいしょう)化することはできません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コーヒーナップ
「コーヒーナップ」とは、カフェイン入りのコーヒーを飲んでから15分程度の短い仮眠(ナップ)をとる昼寝スタイルのこと。脳内にはアデノシンという眠気や疲労感を感じさせる物質があり、カフェインにはアデノシンを抑制する効果があります。カフェインを摂取してから脳に到達するまでの時間はおよそ15分。このタイミン...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...
トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...

関連する記事

ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
太田 肇さん: 本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(前編) 成果より「がんばり」で評価される組織が社員をつぶす?
『がんばると迷惑な人』という刺激的なタイトルの本の売れ行きが好調です。著者は同志社大学政策学部教授で、組織学者の太田肇先生。“個人尊重の組織論”を提唱する太田先生は、日本人なら誰もが小さい頃から教えられ、学校や職場で当たり前のように求められてきた「がんばり」こ...
2015/03/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ インディードの採用ノウハウを無料公開
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...