企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ニセンジュウハチネンモンダイ 2018年問題

「2018年問題」とは、大学入学年齢である18歳の推計人口が2018年頃から減少に転じるため、限られた大学進学希望者をめぐり、各大学間のさらなる競争激化が見込まれる問題のことです。すでに定員割れが全体の半数近くにのぼるなど、現在でも学生集めに苦慮している私立大学の経営悪化が一気に顕在化し、破たんや廃校が続出する恐れもあると言われています。「2018年問題」を前に、企業が求めるグローバル人材養成に向けた取り組みや、就職・キャリア支援を含めた面倒見の良さをアピールするなど、生き残りをかけた改革に動く大学が増えています。
(2016/7/25掲載)

2018年問題のケーススタディ

18歳人口の急減で大学の経営悪化が顕在化
がけっぷち大学が起死回生を託す大改革とは

企業への人材供給源である大学が、進学者急減の危機に直面しています。国内の18歳人口は1992年の205万人をピークに減り続け、2009年の121万人まで落ち込みましたが、この期間は大学進学率が27%から50%まで伸びたため、進学者数自体はむしろ微増していました。しかし、2009年以降ほぼ横ばいの状況を維持していた18歳人口が、推計では2018年以降ふたたび減少に転じ、2031年には100万人台を割り込むと考えられています。現在の進学率56.5%がこれ以上伸びることは望めません。そうなると、大学進学者数の推移に人口減少分がそのまま反映され、進学者は2018年の65万人から31年には48万人まで落ち込むことが予想されるのです。これが、現在でさえ経営状態が厳しい私立大学、とくにブランド力の弱い大学を直撃するといわれる「2018年問題」です。

18歳人口の減少が始まった1991年に大学設置基準が大幅に緩和され、大学数が増えたことも状況の悪化に拍車をかけました。90年の507校から15年には779校と1.5倍増。需給バランスが崩れ、14年時点で約4割の私立大が定員割れの状態に。ここに「2018年問題」の衝撃が加わることで、淘汰される大学や学部が私立だけでなく、地方の国公立大にまで及ぶのではないかと懸念されています。

さらに2020年からは、大学入試のあり方も激変。進学者の“質”=学力レベルを確保するための新しい高大接続(高校と大学が一体となった教育改革のこと)の形として、個別教科の学力だけでなく、それを活用し、積極的に学ぶ姿勢も含めた総合的な学力を判定する、「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)が実施されます。現行の大学入試センター試験に相当するプロセスで、各大学においては、このテストの受験者を対象に、小論文や面接、集団討論など多面的な評価手法で学生を選抜することになるため、その前提として「アドミッションポリシー」(入学者受入方針)の明確化が求められています。

こうした大変革期を前に、生き残りをかけた大学側の改革の動きも、徐々に見えてきました。“箱根駅伝の強豪校”として知られる山梨学院大学は、その高い知名度で90年代前半には年に1万人近い受験生を集めましたが、近年は偏差値ランキングも低迷、志願者確保もままなりません。そこで起死回生の策として、15年度から授業は原則英語のみの「国際リベラルアーツ学部」を新設し、スクールカラーの大転換を図っています。グローバル教育の先駆として知られる秋田県の国際教養大学から外国人講師を多数スカウトし、講義棟や学生寮もあわせて新設するなど、改革への投資額は30億円を超えるといわれています。有名校、難関校であっても、改革なしに志願者数を増やすのは難しい状況ですが、そうした中、10年連続で志願者を増やしているのが福岡工業大学です。教職員が精力的に企業や高校を回って大学の魅力を発信したり、学生の普段の様子や就職状況を出身校にフィードバックしたり、就職力の高さに象徴される“面倒見の良さ”が人気の要因として注目されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...
秋入学
大学などで入学時期を通例の春季ではなく、秋季とする制度を「秋入学制」といいます。従来、大学の入学時期(学年始期)は文部科学省令で原則4月と規定されていましたが、法改正により2008年度から各大学の学長判断で決められるようになりました。秋入学を導入する大学が増えれば、企業の採用活動にも大きな影響を及ぼ...
G型大学・L型大学
「G型大学・L型大学」とは、それぞれグローバル(Global)型、ローカル(Local)型の大学という意味で、2014年10月に開かれた文部科学省有識者会議において、経営共創基盤CEOで経営コンサルタントの冨山和彦氏が提言した新しい大学教育のあり方を示す言葉です。提言では、日本の大学をごく一部のトッ...

関連する記事

松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
2. グローバル人材研修の現状
産業能率大学が実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」を見ると、グローバル展開に伴って、多くの企業が日本人の「グローバルリーダー」「グローバルマネジャー」「ローカルマネジャー」が不足していると回答。グローバル人材を取り巻く状況について整理する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
マイナビ「2014年卒の就活キーワード」を発表
2013年2月26日(火)に、株式会社マイナビ(東京・千代田区)による「2014年卒の就活キーワード発表会」が開催されました。マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が「2014年就職活動―学生のポイント」と題し、エントリー開始から約3ヵ月が経過した201...
2013/03/15掲載イベントレポート

関連するQ&A

大学訪問の時期
新卒採用活動での大学訪問に関してですが、妥当な時期はいつ頃なのでしょうか。 当社では実績がなくどの時期に行うべきか悩んでいます。
現役学生の採用
いつもお世話になります。 ご質問です。よろしくお願いします。 当社で営業職を募集し、ご家庭の事情で学費の支払が困難なため、大学を中退し、 働かなければならないという応募者に内定を出しました。 現在退学届けを出しており、手続き上、大学を除籍になるのが2月末日に成るそうです。 大学に籍がある者...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ キャリア開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...