企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コッカコウムインノキュウヨ 国家公務員の給与

国家公務員は民間の勤労者とは異なり、争議権や団体交渉権など憲法で保障された労働基本権が制約されています。そこで給与については、人事院が労使当事者以外の第三者の立場に立ち、民間との比較を基に国会と内閣に対して勧告を行い、適正な水準を確保することにしています。
(2005/5/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国家公務員の給与のケーススタディ

「官民格差」を是正するために
政府は基本給を一律5%引き下げる方針

人事院が民間との比較を基本にして勧告を行っている理由は、(1)国は民間企業と異なり、市場原理による給与決定が困難であること(2)国家公務員も勤労者であり、社会一般の情勢に適応した適正な給与の確保が必要であること(3)国家公務員の給与は国民の税金で賄われており、労使交渉や雇用情勢などによって反映される民間の給与に合わせるのが最も合理的、などと考えられているからです。

給与勧告の直接の対象となるのは、非現業の一般職国家公務員約30万人ですが、裁判所職員、国会職員、自衛官などの特別職国家公務員、地方公務員、さらには学校・病院の職員などの多くも、この勧告に準じて給与が決められます。

2002年と2003年については、一般職国家公務員の給与は引き下げられましたが、2004年は3年ぶりに給与の据え置きが勧告されました。また、民間企業のボーナスに当たる期末・勤勉手当も、前年と同じ4.4カ月が支給され、国家公務員の平均年収は6年ぶりに前年の水準を維持しました。

しかし、リストラや賃金調整が進んでいる民間に比べると、まだまだ国家公務員の給与は高すぎるとの批判が少なくありません。2003年の国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、給与所得者4466万人(1年を通じて勤務)の平均給与は444万円、内訳は男性が544万円、女性が275万円でした。これに対して国家公務員の給与は平均推定で629万5000円となっており(2004年・人事院調べ)、調査方法が異なるため単純な比較はできないものの、国家公務員の給与水準が民間を上回っているのは明らかです。

こうした「官民格差」を是正するため、政府は国家公務員の基本給を全国一律で5%程度引き下げる方針を固めました。今年8月の人事院の勧告に盛り込み、関連法案を成立させたうえで、ただちに実施したい考えのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
公務員の身分保障
公務員にはさまざまな義務が課せられ、労働者としての権利が制限されている代わりに、身分保障が与えられています。
給与前払い
従業員が要望した場合に、実際の給与支払い日よりも早く給与が支払われる、給与前払いサービス。労働基準法で禁じられている「前借」ではなく、実際に働いた分の中から、一定の金額が先に支払われます。アルバイトやパートの福利厚生として導入する企業が多く、応募数の増加や離職率の低下に貢献しています。 (2018/...

関連する記事

「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
2009/09/18掲載注目の記事

関連するQ&A

給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
給与〆日の変更による収入減に関して
人事関連担当では無い為、質問させて頂きます。 勤務先の給与〆日運用が変更される事となり、5月支給給与が半月分。6月支給給与以降通常通り1ヶ月分。となる事が給与支給前日に突然発表されました。 この場合、年収(本年限定)でも月収(今月限定)でも給与減となりますが、給与〆日運用の変更の為、給与カットでは無...
勤務中に所用で抜けた際の給与計算について
よろしくお願いします。 勤務中に所用で1時間ぬけた際の給与計算について 月給制になっています。 給与から1時間分削っていいのか? その日の時間外労働から1時間引いていいのか? 月度、時間外労働から1時間引いていいのか? よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。