企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロコモティブ シンドローム ロコモティブ・シンドローム

「ロコモティブ・シンドローム」(locomotive syndrome)とは、骨や関節、筋肉、軟骨など運動器の衰えや障害により、立つ・歩くといった機能が低下し、介護が必要な状態、あるいは要介護のリスクが高まる状態をいい、日本語では「運動器症候群」と訳されます。日本整形外科学会では2007年からロコモティブ・シンドロームの概念を提唱し、予防啓発に努めてきました。主な原因は、加齢に伴うさまざまな運動器の障害です。たとえば変形性腰椎症、変形性膝関節症、骨粗しょう症などで、これら三つの疾患だけでも、推計患者数は約4700万人にのぼります。まさに「新たな国民病」であり、今後、企業が健康経営に取り組む上でも、避けて通れない課題となっています。
(2016/5/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロコモティブ・シンドロームのケーススタディ

要支援・要介護原因の1位は運動器疾患
若い頃からの運動の継続が予防のカギに

「ロコモティブ・シンドローム」(以下、「ロコモ」と略)は、いわゆるメタボリック・シンドロームや認知症と並び、「健康寿命の短縮」「寝たきりや要支援・要介護状態」を招く3大要因のひとつです。要支援・要介護状態の原因に限れば、関節疾患や骨折・転倒などの運動器の障害が1位で、脳卒中や認知症以上に深刻であることがわかっています。ロコモから、メタボや認知症を併発するケースも少なくありません。

ロコモに起因する要支援や要介護、寝たきりの高齢者の増加は、深刻な社会問題に直結します。厚生労働省は、国民の健康づくりの方向や目的、具体的な数値目標などを定めた政策「健康日本21」の、2013年度から始まる10年間の第2次計画案において、ロコモの知名度を策定時の2割未満から8割まで高める目標を掲げました。ロコモに対する意識を啓発し、対策を広げるのが狙いです。ロコモは高齢化、長寿命化を背景に急増していますが、現役世代からの継続的な取り組みでかなり予防できると言われているのです。

ロコモ予防の提唱者である中村耕三東大名誉教授は、「若い人ほど、いまから長く続けられる運動に取り組んでほしい」と、運動習慣の重要性を訴えます。毎日の生活で工夫や努力を重ね、骨や関節を支える筋肉を鍛えることがポイントに。特に大切なのは、歩くことです。都会で働くビジネスパーソンなら、起床時に体の筋を伸ばすストレッチを励行した上で、毎日30分を目安に、通勤時や外回りを利用して歩くといいでしょう。目線を20メートルほど先に置き、背筋を伸ばして、手は自然に大きく振り、しっかりと地面を蹴って歩く。通勤電車ではできるだけ座らず、エスカレーターも使わず、階段を利用するようにします。簡単に足腰を鍛えるには、スクワット運動も効果的。そして就寝前にも、使った筋肉をストレッチでほぐせば、疲れが取れ、眠りも深くなるそうです。

ちなみに、中年世代や若い人でも、片足立ちで靴下を履こうとして、バランスを崩して履けないようなら、ロコモの疑いあり。日本整形外科学会が推奨する予防対策を検討してみるべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

アクティブレスト
「アクティブレスト」とは、直訳すると「積極的な休養」。つまり、より効果的に、効率的に休養することをいいます。横になるなどして完全に休むのではなく、むしろ体を動かすことで疲れの軽減を目指すものです。アクティブレストはもともと、アスリートの世界で普及した方法で、スポーツ選手が試合後に疲労を早く取り除き、...
ケア責任
「ケア責任」とは、家族などにケアが必要な子どもや障がい者、要介護者がいる場合に、そのケアを担って責任を負うこと。「ケア責任」があることで、できる仕事に制限が生じたり、企業内で指導的な立場になりにくかったりするケースが考えられます。現在は、要介護者が増加傾向にあるなど「ケア責任」を負う人が増えており、...
衛生要因・動機付け要因
アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグ(1923―2000年) が、モチベーション理論の中で定義した、人のやる気を構成する2つの要因のこと。

関連する記事

花王株式会社 健康づくりの本質は人材育成 ヘルスリテラシーの高い組織を目指す「健康経営」の取り組みとは
厚生労働省や経済産業省の推奨もあり、健康配慮への取り組みを進める企業は増えていますが、なかでも際だって先進的と評価されるのが花王株式会社の「健康づくり事業」です。企業健保との連携やPDCAサイクルの導入、健康状態の「見える化」など――同社 人材開発部門・健康開...
2012/06/04掲載となりの人事部
会社は「社員メール」をどこまで監視している?「アダルトサイト閲覧」が見つかったら懲罰は?
会社は、社員がどのようにパソコンを使っているか、知っているのでしょうか。もし、私的なメールのやり取りをしていることがわかったら、その社員はどういう処分を受けるのか。アダルトサイトを見ていたことがばれたらどうなるのでしょう。メールとインターネットの利用をめぐる職...
2006/06/19掲載人事・労務実態調査
職場のストレスをどう解消している?メンタルヘルス対策の最新実態を探る
実務担当者にとってメンタルヘルス対策は無視できない問題となってきましたが、その取り組みは今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業のメンタルヘルス対策をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/07/11掲載人事・労務実態調査
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ インディードの採用ノウハウを無料公開
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...