企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サギキュウジン 詐欺求人

「詐欺求人」とは、企業が求人を行う際に、職場の実態と異なる虚偽の好条件を提示して応募者を集め、入社させようとすること。「ブラック求人」とも言われます。2013年頃から、ハローワークや民間の就職サイトを通じた求人において、賃金、就業時間、職種や仕事の内容などの求人条件と事実との食い違いが発覚するケースが急増、社会問題に発展しつつあります。職業安定法は、求人時の労働条件の明示を義務付けていますが、ハローワークや大学などに虚偽の求人を出した企業を直接処罰する規定はありません。
(2016/3/10掲載)

詐欺求人のケーススタディ

ブラック企業の求人を締め出す新制度も
横行する悪質な虚偽記載には実効乏しく

「ブラック企業」の求人はブロック――厚生労働省は今年3月から、違法な長時間労働や残業代の不払いといった労働基準法違反を繰り返す企業からの求人をハローワークで受理しなかったり、企業に求職者へのより正確な情報開示を求めたりすることで、若者の就職トラブルを防ぐ新制度をスタートさせました。これは、いわゆる「ブラック企業問題」を背景に昨秋成立し、順次施行されている「青少年雇用促進法」にもとづく措置です。

これまで、ハローワークでは、企業が出した求人は原則、すべて受け付けなければなりませんでした。しかし新制度により、法令違反を繰り返すブラック企業からの求人は、拒否(受付不受理)できるようになりました。具体的には、違法な長時間労働や残業代の不払いなどの違反行為で、労働基準監督署から1年間に2回以上是正指導されるなどした企業が対象に。また、新卒者を募集する企業には、「過去3年間の採用者数と離職者数」「残業時間」「有給休暇の実績」などの情報を開示する努力義務が課され、就職活動中の学生や大学、ハローワークなどから要求があった場合はいずれかの情報を提供することが義務づけられました。厚労省は、民間の職業紹介事業者にも同様の対応を促しています。

こうした対策は、労働者がブラック企業に送り込まれることを防ぐための決め手となり得るのでしょうか。NPO法人「POSSE」の今野晴貴代表は、「今回の新制度には重大な視点が抜け落ちている」と言っています。それが、ハローワークなどの求人情報に、虚偽の好条件で騙して入社させる「詐欺求人」が横行している実態です。

近年、ハローワークの求人票が実際の労働条件と違うという相談が全国の労働局などに相次いで寄せられています。厚労省の集計によると、2012年度7783件、13年度9380件、14年度12252件。このうち13年度は41%にあたる3815件で、14年度は36%、4360件で実際に食い違いが確認されました。相談内容の内訳は「賃金関係」が最多で、「就業時間」「職種や仕事の内容」と続いています。

職業安定法65条では、「虚偽の広告をなし、又は虚偽の条件を呈示して、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行った者又はこれらに従事した者」には罰則が科されるとされ、自社サイトなどを通じて直接、詐欺求人を行った企業は処罰されます。しかし、ハローワークや大学などに虚偽の求人を出す企業を取り締まる仕組みは現時点ではありません。新制度が施行されても、ハローワークや民間の職業紹介事業者には、求人の記載事項についてその真偽を確かめる術がほとんどなく、“前科”が明らかな企業以外からの求人は原則、拒否できないからです。先述の今野代表は、「深刻な事態。国や民間による効果的な対策が必要だ」と訴えています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
ホワイト企業
「ホワイト企業」とは、社員に劣悪な環境での労働を強いる企業を指す「ブラック企業」の対義語。社員の待遇や福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業、という意味合いで使われる言葉です。就職や転職の際にブラック企業が避けられるのとは対照的に、安心して仕事に打ち込めるホワ...

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ” 企業訪問のハードルが高くなった影響は? オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高くなり、人材紹介会社も情報収集に苦労している。
2020/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職希望者へどう答える? ブラック企業かどうかの判断の難しさ
ブラック企業は勤務環境が過酷で、離職率が高いなど、いわゆる「人材の使い捨て」というイメージがあります。就職や転職の際には「ブラック企業は絶対に避けたい」と考える人がほとんどでしょう。しかし、ある企業がブラックかどうかを見極めるのはそう簡単ではありません。人材紹...
2013/08/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 自社の魅力、しっかり語れますか? 人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて重要だ。しかし、誰もが知っているような有名企業や人気企業ならともかく、一般の会社はそう簡単に他社との...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

高校新卒の求人連絡数
弊社では例年5名程度の高卒採用をしています。 しかしなかなか近隣の高校に求人票を送っても反応が鈍いのが現状です。 この度、独身寮を整備して県内全域や他県にも住み込み可の求人募集かけたいのですが、 ここで悩むのが求人数と求人連絡数と推進人員との整合性です。 以前職安から求人数×2までが求人連絡数と言わ...
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 労務・法務 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

人事施策の中でも福利厚生が重要な位置を占めるようになってきている今、ミ...


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...