【ヨミ】ネンキンイチゲンカ 年金一元化

職業別に分かれている公的年金制度を一本化し、保険料、給付水準の仕組みを同じくすることです。厚生年金と共済年金の統合を目指すのか、国民年金を含めたすべての公的年金の一本化を実現させるのか、さまざまな議論があります。
(2005/4/18掲載)

年金一元化のケーススタディ

政府・与党が目指すのは
被用者年金の比例報酬部分の統合

政府・与党案では被用者年金の比例報酬部分の一元化に焦点を当てて論議が進められています。被用者年金とは、サラリーマンが加入する厚生年金と国家公務員などが加入する3つの共済年金の総称です。また比例報酬部分とは全国民共通の基礎年金に上乗せされる給付のことです。つまり政府・与党の一元化論は、国民年金にはない被用者年金の比例報酬部分の統合を目指すものと言えます。

経済財政諮問会議でも国民年金と被用者保険の一元化については、条件整備の問題や自営業者などに所得比例保険料負担を求めることができるかなど、問題点を指摘する意見が出されました。また、厚生年金と共済年金の一元化は比較的容易であると考えられるため、まずこれらの一元化を実現すべきとの意見があったことも併記されています。

しかし近年、厚生年金の対象者が減る一方、国民年金の対象者となる雇用者が増加して、年金制度と就業構造とのギャップが拡大しています。派遣社員やアルバイトなど雇用形態の多様化が進み、短期間労働者が増えているためです。国民年金対象者の就業形態別内訳を見ると、自営業者528万人に対して、雇用者は729万人で全体の約3分の1を占め、アルバイトも168万人となっています(社会保険庁調べ、2001年実績)。このため国民年金の対象となっている雇用者を含めた被用者全体の年金制度の統合を図るべきだとする意見もあります。

今年2月の党首討論で民主党の岡田代表は「国民年金を含めた年金の一元化を考えると理解していいのか」と迫りましたが、小泉首相は「できればそれが望ましいが、その過程で解決しなければならない問題が実に大きい」と述べ、議論は平行線をたどりました。このように年金一元化には広範囲な論点があります。議論をさらに進化させて、国民から信頼される確固とした年金制度を構築する必要があるのは言うまでもありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード