企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミスマッチシツギョウリツ ミスマッチ失業率

「ミスマッチ失業率」とは、求人があっても、職種や年齢、技能、勤務地などの条件面で企業と求職者の希望が折り合わないために生じる失業率のことです。労働力人口に対する失業者の割合を示す完全失業率は失業の原因によって2種類に分かれ、一つは求職者数に比べて求人数が足りないことに起因する循環的失業率(需要不足失業)、もう一つがミスマッチ失業率です。求人需要の増減と直結する循環的失業率は景気が悪くなると上がり、良くなると下がるのに対し、ミスマッチ失業率は景気が好転してもなかなか改善されないのが特徴です。
(2016/1/29掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスマッチ失業率のケーススタディ

求人不足による失業が23年ぶりに解消
産業構造の変化でミスマッチは高止まり

日本銀行が2015年10月末に公表した経済・物価情勢の展望(展望リポート)によると、同年7~9月平均の完全失業率が、求職者と企業の希望が条件面で合わないために生じる「ミスマッチ失業率」を、1992年の同期以来23年ぶりに下回ったことがわかりました。日銀が推計した15年7~9月平均のミスマッチ失業率が3.390%だったのに対し、労働力人口に対する失業者の割合を示す完全失業率は3.367%。この統計結果は理論上、企業の求人数が求職者数を上回っていると解釈できるものであり、求職者数に対して求人需要が不足している状態が解消されたことを意味します。言い換えると、“職種など条件にこだわらなければ働ける状態”であり、日銀の黒田東彦総裁も11月初めの講演で「労働市場は完全雇用といってよい情勢にある」とまで踏み込みました。

景気回復に加え、完全失業率の分母となる労働力人口が減少しているため、求人需要の不足による失業は「ほぼ解消」といえる状態に至っています。しかし一方で、ミスマッチ失業率の改善は思わしくありません。1990年前後は2%台前半でしたが、バブル崩壊後悪化し、2000年代前半には4%台前半まで上昇。現在は3%台前半と低下傾向にはあるものの、バブル期と比べると高い水準のままです。実は、これは先進国共通の傾向であり、経済協力開発機構(OECD)がまとめた2013年の推計値によると、先進34ヵ国のミスマッチ失業率の平均値は前年より0.17ポイント高い7.86%と6年連続で上昇しました。

原因として指摘されているのが産業構造の変化です。産業構造が変わるときは、衰退産業で人手が過剰でも、成長産業では企業が求める人材が足りず、ミスマッチ失業が生じやすいのです。現在は、生産拠点の新興国への移転やITの普及によって、求職者に人気の高い事務職の需要が減少する一方で、高齢化で求人数が増えている医療・介護、建設業などは人手が足りていません。こうした状況も、先進国にほぼ共通していると言われます。

特に労働力の急減に直面する日本にとって、本来働ける人が働けない状態が続くミスマッチ失業率の高止まりは、あまりにも大きな人材のロスです。新しい技能を身につける職業訓練の強化や雇用の規制緩和で転職を促し、ミスマッチを減らす取り組みが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

完全失業率
労働力人口に占める完全失業者の割合を言います。総務省統計局が毎月調査し、調査月の翌月末に発表しています。バランスがとれるように無作為に選んだ全国約4万世帯の約10万人を対象に、知事が任命した調査員が調査票を配って調べ、その結果から全体を推計します。
有効求人倍率
ハローワークで仕事を探している1人に対し、何件の求人があるかを示した数値。完全失業率と並んで日本を代表する雇用統計となっています。
労働力人口
労働力人口とは、労働に適する15歳以上の人口のうち、労働力調査期間である毎月末の一週間に、収入を伴う仕事に多少でも従事した「就業者」(休業者を含む)と、求職中であった「完全失業者」の合計を指します。一国における働く意思と能力を持つ人の総数であり、国の経済力を示す指標の一つとされます。

関連する記事

紹介ゼロから一転 景気回復の波に乗ったキャリア人材
薄日が射してきたかな…という感じもある世界経済。景気が本格的に回復してくると、人材紹介業界でもそれを実感できる傾向が現れる。「マネジャー、管理職を募集する企業が増える」ことだ。特に外資系企業では、不況になると年収が高い人材から人員削減の対象になったりする。景気...
2009/08/24掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
9割を超える企業が「人手不足」による影響を懸念 ~少子高齢化社会、労働力人口減少時代における「人手不足」の実態を調査~
総務省が発表した労働力調査(季節調整値)によると、2014年8月の全国の完全失業率は前月比0.3ポイント低下の3.5%で、3ヵ月ぶりに改善。一方、厚生労働省が発表した同月の全国の有効求人倍率(同)は前月比横ばいの1.10倍で、3ヵ月連続で同水準となりました。雇...
2014/10/16掲載編集部注目レポート
人材紹介とは
中途採用に欠かせない「人材紹介」だが、現在のように広く利用されるサービスになったのは 比較的最近のこと。その成り立ちと業務内容をおさらいしてみよう。
2016/08/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

高校新卒の求人連絡数
弊社では例年5名程度の高卒採用をしています。 しかしなかなか近隣の高校に求人票を送っても反応が鈍いのが現状です。 この度、独身寮を整備して県内全域や他県にも住み込み可の求人募集かけたいのですが、 ここで悩むのが求人数と求人連絡数と推進人員との整合性です。 以前職安から求人数×2までが求人連絡数と言わ...
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
失業給付受給資格について
失業給付についてご教授ください。 下記の条件の件で質問がございます。 ・離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12か月以上あること。  弊社で6月入社で8月末に退職する従業員がいるのですが、離職票の発行依頼を受けました。  ①弊社入社直前まで他社で勤務し、失業給付を受け取っていない場合。 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 就業管理 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...