企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】インフルエンサー インフルエンサー

「インフルエンサー」(influencer)とは、「Influence」(影響、感化、作用の意)を語源とする言葉で、他者や一般社会に大きな影響力を及ぼす人や事物のことを指します。近年では、とくにインターネットマーケティングの分野で使われ、ブログや動画サイト、ソーシャルネットワーキングサービスを始めとするCGM(Consumer Generated Media/消費者発信型メディア)において、他のユーザーへの“クチコミ”の影響力が大きいキーパーソンのことをインフルエンサーと呼びます。具体的には好感度の高いタレントやスポーツ選手などの有名人、特定分野にくわしい専門家や知識人のほか、個人で積極的に情報発信を行い、数多くの読者を抱える人気ブロガーなどが該当します。一般のビジネスパーソンの中にも、企業などに勤めるかたわら、“匿名”のインフルエンサーとしてインターネットの世界で一定の影響力をもつ個人が現れ始めています。
(2015/4/22掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンサーのケーススタディ

一般のビジネスパーソンが業界の有名人に
企業内個人が自分を発信する利点とリスク

自分の本業に関するブログを匿名で何年も書き続け、人気を集めていたエンジニアが、あるきっかけでそのブログ主であることが特定され、以来、業界誌などから取材や連載のオファーを受けたり、スカウトの話が舞い込んだりするようになった。会社の指示でHR関連のカンファレンスなどに参加していた担当者が、さまざまな場でディスカッションやプレゼンテーションを重ねるうちに業種業界を超えて注目される存在となり、人事のスペシャリストとして独立するにいたった――。こういうケースは近年、珍しくありません。多様なメディアを通じて行われる個人の情報発信が、一般のビジネスパーソンを注目度の高い「インフルエンサー」へと押し上げ、本人のキャリア機会にまで影響を及ぼす時代になってきました。

インフルエンサーの大前提は情報発信です。今日、明日の自分の本業にすぐに役立つということは少ないものの、個人が情報発信を行い、そのフィードバックを得ることには、中・長期的に見て大きなリターンがあるといわれます。「発信することがない」「面白い情報ソースをもっていない」という理由でブログやSNSに消極的な人もいますが、インフルエンサーの多くは、発信することで自分の意見や物事へのスタンスが磨かれていく、発信すべき内容があるから発信するのではなく、発信するからこそ中身がついてくるのだといいます。最初は内容が乏しくても、表現が拙くても、情報発信を繰り返し、他者からフィードバックを受ければ受けるほど、ものの考え方がしだいに深まっていく。決して目新しい話題や特別なトピックでなくても、自分というフィルターを通して、その内容を発信することで、多くの人を刺激する新たな視点を提供できるようになるということでしょう。その意味では、情報発信は貴重な学びのプロセスといえるかもしれません。

とはいえ、企業に所属する個人が、本業に関して自分を発信することには、少なからずリスクが伴うのも事実です。何気ない言動がFacebookやTwitterで一瞬にして世間に拡散し“炎上”を招く現状では、個人はおろか勤務先まで特定され、批判にさらされかねません。仕事やビジネスに対する個人の見解が、自社が広報などを通して公式に発信する方向性と異なる場合は、そうしたリスクをなおさら強く意識して、情報発信をためらってしまいがちでしょう。結果として、組織の壁を越えて多様な意見と交流する機会を逸し、社内だけの画一的な価値観や狭い人間関係に縛られるうちに、いつの間にか自分を失ってしまうことに。組織に多様性が求められるいま、それもまた、企業と個人の双方にとって小さくないリスクといえるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

インフルエンサー採用
「インフルエンサー」とは、他者や一般社会に対し影響力を持つ人物のこと。近年では、インフルエンサーの持つ影響力を評価基準の一つに設定し、企業の採用シーンに取り入れる動きがあります。指標は、SNSのフォロワー数や投稿内容など企業によってさまざまですが、求める採用要件を満たすと判断された場合、求職者は選考...
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
エンゲージメント
エンゲージメントとは、社員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」を表すものと解釈されますが、より踏み込んだ考え方としては、「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」のことをいいます。

関連する記事

太田 肇さん: 本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(後編) “やってもやらなくても変わらない”社会と組織を変えるために
日本の組織と個人をめぐる太田先生のお話は、個人をきちんと表に出す成果主義の本来のあり方から新しいチームワーク論へと広がっていきます。そして提言されたのは、企業と社員との“ホンネの関係”。誰もがおのずとやる気が出て、むだな「がんばり」がなくなる――そんな組織づく...
2015/03/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
実効性の乏しい対策では意味がない! 『SNS問題』に関する実務対策と規定・研修の見直し
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用者が急激に増加したことで、従業員が勤務先、顧客に関する不適切な内容の書込みや投稿をして問題になる事例が増えています。本記事では、弁護士の高仲幸雄氏が「SNS問題」に関する具体的な実務対策や規定・研修の見直しなど...
2014/09/22掲載人事・労務関連コラム
ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...