企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ニセンニジュウゴネンモンダイ 2025年問題

2025年頃、日本の人口のボリュームゾーンを形成する“団塊の世代”の人々が75歳以上の後期高齢者になることにより、社会にさまざまな問題が生じると予測されています。「2025年問題」とは、そうした諸問題を指す言葉です。統計上、生涯医療費が75~79歳にピークを迎え、要介護(要支援)になる可能性も75歳を境に上昇することなどから、25年頃には医療・介護などの負担と給付のバランスが大きく変わり、持続可能な社会保障財政の運営にも影響がおよぶと懸念されています。
(2015/1/8掲載)

2025年問題のケーススタディ

団塊世代全員が75歳以上の超高齢社会へ
「健康経営」で社会保障コストを抑える

日本社会の高齢化はいまに始まった現象ではないのに、なぜ2025年という年がクローズアップされるのでしょうか。25年は、700万人超の人々を擁する“団塊の世代”(1947年~49年生まれ)の全員が、75歳以上の後期高齢者人口に加わる節目の年。2060年には、予測される総人口8674万人のおよそ4人に1人、約2200万人が75歳以上という超高齢社会を迎えるとされ、高齢化がいっきに加速していくのです。「2025年問題」という用語が生まれたゆえんです。

25年には、団塊世代の全員が75歳以上となるため、10年時点で11.1%だった75歳以上人口の割合は、推計によると18.1%まで上昇する見通しです。そしてこれ以降、75歳以上人口は2200万人超で高止まりします。一方で、15~64歳の現役世代は減少の一途を辿り、60年には国民の4人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えることに。これまで国の社会保障制度の大部分を数の力で支えてきた団塊の世代が、いっきに給付を受ける側に回るわけですから、その影響ははかりしれません。10年には75歳以上一人分を現役世代5.8人で支えていたのが、25年に3.3人、60年には1.9人で支えることになる見通しです。

高齢になるほど、疾病などにかかるリスクも高まります。生涯医療費の推移を見ると、ピークに達するのは75~79歳。また、生涯医療費のおよそ半分は70歳を過ぎてからかかることが分かっています。

要介護(要支援)になるリスクも75歳を境に跳ね上がります。前期高齢者(65歳~74歳)の要介護認定率が4%なのに比べて、後期高齢者になると29%に急増。75歳以上人口が増えることは、介護される側の人数とそれに伴うサービス需要が爆発的に拡大することを意味しているのです。介護保険の総費用は、制度が開始された2000年度の3.6兆円から13年度には9.4兆円へ増加。25年には約20兆円にまで膨れ上がると試算されています。

このままでは現役世代の負担増と給付削減は避けられません。社会保険料負担の増加は家計のみならず、企業にも重くのしかかってきます。しかしより大きなコストやリスクを、誰かに背負わせるだけでは解決しないでしょう。むしろどうすればコストそのものを減らせるか、有効にリスクヘッジできるのか。2025年に向けて、企業には、現役時代から社員の健康づくりを支援することで、医療費や後期高齢者支援金などの社会保障コストを抑える、「健康経営」の推進がますます求められているといえます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

生産年齢人口
「生産年齢人口」とは、年齢別人口のうち、生産活動の中核をなす年齢の人口層を指し、日本では15歳以上65歳未満の人口がこれに該当します。国内の生産年齢人口は1990年代をピークに減少傾向が続いています。なお、生産年齢人口のうち、労働の意思と能力をもっている人口を「労働力人口」といい、生産年齢人口に含ま...
人口オーナス期
「人口オーナス期」とは、少子高齢化が進み、人口構成上、生産年齢人口(15歳以上65歳未満)に対するそれ以外の従属人口(年少人口と老年人口の合計)の割合が高まる時期のことをいいます。オーナス(onus)とは、英語で「重荷、負担」の意味。この時期は、生産年齢人口の急減と高齢人口の急増が同時に進行し、人口...
2020年問題
企業における「2020年問題」とは、バブル期に大量採用したバブル世代社員や人口が相対的に多い団塊ジュニア世代社員の高齢化にともなうポスト不足、人件費負担増などの諸問題を指す言葉です。現在、多くの日本企業で人員構成上のボリュームゾーンを占めるのがバブル・団塊ジュニア世代。2020年代には40歳代後半~...

関連する記事

「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイン...
2007/09/10掲載人事支援サービスの傾向と選び方
4. 具体的なワーク・ライフ・バランス支援の取り組み
ワーク・ライフ・バランスという考え方は、女性の子育てと仕事の両立支援策として生まれた。まずは代表的な事例として「育児とワーク・ライフ・バランス支援」の具体策を見ていく。また、ワーク・ライフ・バランス支援の対象として、育児とともに重視されているのが「介護」である...
2012/11/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

算定基礎届と賞与支払届について
労務初心者です。 質問させていただきます。 75歳以上の従業員の算定基礎届と賞与支払届の提出は必要でしょうか? また必要ということであれば、75歳以上の従業員の中で提出が必要な従業員と不必要な従業員がいるのでしょうか?それとも75歳以上の正社員、パート含め全員でしょうか? すみませんがお教えいた...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 安全衛生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...