無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ホリゾンタル リーダーシップ ホリゾンタル・リーダーシップ

「ホリゾンタル・リーダーシップ」とは、タテの上下関係や指揮命令系統よりも、ヨコの連携や協力関係を重視するリーダーシップのあり方をいいます。組織・部署の壁を越えて多様な人材を連結し、ホリゾンタル(水平方向)なネットワークを機能させることで目標達成に取り組むのが特徴です。ホリゾンタル・リーダーシップにおいては、地位や権力、個人のカリスマに頼んで人を従わせるかわりに、相互理解と効果的なコラボレーションを図るための共感力やコミュニケーションスキル、論理的な思考能力などの資質が求められます。
(2014/12/19掲載)

ホリゾンタル・リーダーシップのケーススタディ

組織の枠にとらわれないリーダーシップ
人の上に立ちたくない女性こそ資質あり

組織を取り巻く環境の変化に応じて、リーダーシップのトレンドはさまざまに変化しています。リーダーシップといえば、これまではカリスマ型のリーダーがビラミット型組織をトップダウンで強力に統率する、支配型のリーダーシップが一般的でした。これに対し、むしろ組織ピラミッドを逆さまにして、リーダーが縁の下からフォロワーを支援するスタイルも提唱されています。「サーバント・リーダーシップ」と呼ばれるリーダーシップのあり方です。支配型と支援型ですから、リーダーシップの質自体は真逆ですが、いずれもピラミッド型の組織の枠組みを前提とし、リーダーが上から、あるいは下から、バーティカル(垂直方向)に影響力を行使するという点では共通しています。

ホリゾンタル・リーダーシップ」がこれらと最も異なるのは、自分の組織のピラミッドだけにとらわれず、むしろその枠を越えて、タテよりもヨコへ――人と人、組織と組織とのホリゾンタル(水平方向)なつながりをリーダーシップ発揮の基盤としている点です。

企業経営を取り巻く競争や環境変化が激しさを増す中、意思決定にはよりスピードが求められています。顧客ニーズの多様化・細分化も進む一方です。いかなる組織も自らのビラミットの中だけで、こうした複雑な事態にフレキシブルに対応していくことは、ほぼ不可能といっていいでしょう。組織や部門間の垣根は必然的に低くならざるを得ません。多様な専門性を持つ人と組織が臨機応変に連携・協力し、それぞれの自主性と責任に基づいて課題解決に取り組めるよう、リーダーはメンバー間の調整と環境整備に尽くす――ネットワーク型の組織マネジメントが主流になっていく可能性は大きいと考えられます。こうした時代に必要とされるのが、ホリゾンタル・リーダーシップなのです。

従来のリーダー像を念頭に、「自分はその器ではない」と思い込んでいる人もいるでしょう。特に女性が管理職への昇進に消極的な場合、その理由に「リーダーとしての資質への不安」を挙げる人が多いようです。しかし、企業がホリゾンタル・リーダーシップを重視するようになれば、逆に女性リーダーだからこそ、力を発揮できる場面も増えてくるのではないでしょうか。ホリゾンタル・リーダーシップに求められるのはトップダウンの意思伝達ではなく、共感型・調整型のコミュニケーションスキル。一般にそれは、女性の多くが得意とするところだからです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード