企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホリゾンタル リーダーシップ ホリゾンタル・リーダーシップ

「ホリゾンタル・リーダーシップ」とは、タテの上下関係や指揮命令系統よりも、ヨコの連携や協力関係を重視するリーダーシップのあり方をいいます。組織・部署の壁を越えて多様な人材を連結し、ホリゾンタル(水平方向)なネットワークを機能させることで目標達成に取り組むのが特徴です。ホリゾンタル・リーダーシップにおいては、地位や権力、個人のカリスマに頼んで人を従わせるかわりに、相互理解と効果的なコラボレーションを図るための共感力やコミュニケーションスキル、論理的な思考能力などの資質が求められます。
(2014/12/19掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホリゾンタル・リーダーシップのケーススタディ

組織の枠にとらわれないリーダーシップ
人の上に立ちたくない女性こそ資質あり

組織を取り巻く環境の変化に応じて、リーダーシップのトレンドはさまざまに変化しています。リーダーシップといえば、これまではカリスマ型のリーダーがビラミット型組織をトップダウンで強力に統率する、支配型のリーダーシップが一般的でした。これに対し、むしろ組織ピラミッドを逆さまにして、リーダーが縁の下からフォロワーを支援するスタイルも提唱されています。「サーバント・リーダーシップ」と呼ばれるリーダーシップのあり方です。支配型と支援型ですから、リーダーシップの質自体は真逆ですが、いずれもピラミッド型の組織の枠組みを前提とし、リーダーが上から、あるいは下から、バーティカル(垂直方向)に影響力を行使するという点では共通しています。

ホリゾンタル・リーダーシップ」がこれらと最も異なるのは、自分の組織のピラミッドだけにとらわれず、むしろその枠を越えて、タテよりもヨコへ――人と人、組織と組織とのホリゾンタル(水平方向)なつながりをリーダーシップ発揮の基盤としている点です。

企業経営を取り巻く競争や環境変化が激しさを増す中、意思決定にはよりスピードが求められています。顧客ニーズの多様化・細分化も進む一方です。いかなる組織も自らのビラミットの中だけで、こうした複雑な事態にフレキシブルに対応していくことは、ほぼ不可能といっていいでしょう。組織や部門間の垣根は必然的に低くならざるを得ません。多様な専門性を持つ人と組織が臨機応変に連携・協力し、それぞれの自主性と責任に基づいて課題解決に取り組めるよう、リーダーはメンバー間の調整と環境整備に尽くす――ネットワーク型の組織マネジメントが主流になっていく可能性は大きいと考えられます。こうした時代に必要とされるのが、ホリゾンタル・リーダーシップなのです。

従来のリーダー像を念頭に、「自分はその器ではない」と思い込んでいる人もいるでしょう。特に女性が管理職への昇進に消極的な場合、その理由に「リーダーとしての資質への不安」を挙げる人が多いようです。しかし、企業がホリゾンタル・リーダーシップを重視するようになれば、逆に女性リーダーだからこそ、力を発揮できる場面も増えてくるのではないでしょうか。ホリゾンタル・リーダーシップに求められるのはトップダウンの意思伝達ではなく、共感型・調整型のコミュニケーションスキル。一般にそれは、女性の多くが得意とするところだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

シェアド・リーダーシップ
「シェアド・リーダーシップ(shared leadership)」とは、職場やチームのメンバー全員がリーダーシップを発揮することを指します。リーダーシップとは、組織やチームの目標を達成するために必要な、他のメンバーに与える影響力のこと。一般的に「経営層やマネジャーといった権限保持者に必要な素養」と考...
リーダーシップ
企業の成長においてリーダーシップが重要な意味を持つことは、多くの人が認識しているでしょう。しかし、「リーダーシップとは何か」を問われても、明確に答えるのは難しいのではないでしょうか。ここでは、リーダーシップ論の変遷を紹介しながら、現在の日本の企業に必要とされるリーダーシップの要素および身につける方法...
サーバント・リーダーシップ
「サーバント・リーダーシップ」とは、自らが「奉仕して導く」タイプのリーダーシップです。サーバントとは英語で「奉仕者」を意味しています。このタイプのリーダーは「強い力で組織を自ら引っ張る」のではなく、組織の構成員に「奉仕して導く」ことを目標にしています。ただし、単なる「優しい上司」ではありません。

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(前編)
「リーダーと聞いてどんな人を思い浮かべますか?」リーダーシップという言葉の意味するところが、いま、大きく変わりつつあります。リーダーシップの新しい世界標準とは何か。それは身につけることができるのか。できるとすればどうすればいいのか――。前職の立教大学経営学部で...
2016/07/21掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日向野幹也さん: 権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる 職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(後編)
金融論の研究者から、リーダーシップ教育の第一人者へ――日向野幹也・早稲田大学教授の思いがけないキャリアチェンジの物語は、そのまま日本の大学におけるリーダーシップ教育の歩みと重なります。インタビュー後編では、過去11年間にわたる大学でのリーダーシップ教育の成果を...
2016/07/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
今どきの人事部の組織図とは
最近、旧来の人事部で使われていた組織名称が少なくなり、カタカナ、英語表示のものが多くなってきているように思います。 日本の社員数1000名以上の会社で、イケてる人事部の組織図、組織名称のトレンドをできれば旧来の名称と比較する感じで教えて頂ければ幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...