企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エレベータートーク エレベータートーク

「エレベータートーク」とは、同じエレベーターに乗り合わせた際に話せる程度の、ごく短い時間の中で、自分の言いたいことを相手にわかりやすく簡潔に伝える会話術のことをいいます。もともとは、起業家が集まるアメリカ・シリコンバレー発祥のビジネス文化。限られた時間内で自分の提案やアイデアを印象付け、相手を説得するショートプレゼンテーションのためのコミュニケーションスキルです。「エレベーターピッチ」(ピッチ=pitchは“売り込む”の意味)「エレベーターブリーフィング」とも呼ばれ、社員研修に取り入れている企業もあります。
(2014/9/8掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エレベータートークのケーススタディ

もっと聞きたいと思わせる短時間プレゼン
「結論から先に」「メリット強調」がカギ

取引先で担当者の上司に直接アプローチして商談を一気に進めたい、自社のトップやマネジャーに自分の意見をアピールしたい。そう思っても、多忙なキーパーソンからその機会や時間を引き出すのは容易ではないでしょう。しかしその相手と偶然、同じエレベーターに乗り合わせたとしたら――。目的の階まではわずか数十秒の短い時間ですが、降ってわいたようなプレゼンのチャンスを活かさない手はありません。この究極のシチュエーションを想定し、限られた時間内でいかに自分自身や自分のアイデアを効果的に売り込むかを追求したショートプレゼンテーションの技法が「エレベータートーク」です。

起業家が、投資家やベンチャーキャピタルの勤務するオフィスのエレベーターの前で“待ち伏せ”し、偶然を装って彼らと同じエレベーターに乗り合わせ、目的階につくまでの短時間にプレゼンテーションを敢行。自らの事業内容の魅力を説得することに成功し、資金調達にこぎつけたというサクセスストーリーに由来しています。起業家がひしめくシリコンバレーでは、何千ものビジネスプランが生まれていますが、その中で投資家が実際に投資を行うのはひとつかふたつ。わずかなやりとりで相手の関心をひきつけられなければ、せっかくいいプランでも検討さえしてもらえません。そこで、短時間で分かりやすくアイデアを伝えられるように要旨を絞り、簡潔かつ印象的に説明・説得する工夫が重ねられてきました。競争の激しい米国のビジネス社会で成功するために必須のスキルといわれるゆえんです。

エレベータートークとして想定される時間は数十秒から長くても1分。伝えたいことをすべて伝え、相手に話の枝葉末節まで十分に理解してもらうことは到底期待できないでしょう。大切なのは、その短い会話だけで全部を語り尽くそうとせず、相手へのインパクトや興味を喚起することに集中すること。別に機会を設けてでも、もっと詳しく話を聞きたいと相手に思わせ、“次”のチャンスにつなぐことがエレベータートークの要諦といえるでしょう。

代表的な話し方の一例は「結論から先に述べる」こと。分かりやすい説明とは、最初から順を追って丁寧に説いていくことではありません。背景や理由を述べた上で結論を切り出すのではなく、まず結論を述べてから、そこに至った理由を語るべきです。なぜなら、聞き手にとって重要なのは話の結論であり、背景や理由ではないからです。

「相手のメリットを明確にする」こともエレベータートークには欠かせません。プレゼンテーションの内容が実現されるとどういう結果や成果が得られるのか、メリットを端的に説明し、強調することで聴き手の興味を惹きつけ、次につなげることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

傾聴
耳を傾けて聴くと書く「傾聴」(けいちょう)。心理学などの分野では以前からよく聞かれる言葉でしたが、近年はビジネスの場でも重要視されるようになり、傾聴の技術を身に着けたいというビジネスパーソンが増えています。 (2012/1/16掲載)
アサーション
「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しな...
ARCSモデル
「ARCS(アークス)モデル」とは、学習者の動機づけを高める方法をモデル化したもので、やる気を引き出すための四つの要素「Attention(注意喚起)」「Relevance(関連性)」「Confidence(自信)」「Satisfaction(満足)」の頭文字をとっています。アメリカの教育工学者、ジ...

関連する記事

藤原和博さん 出会いに「!」を演出して「自分ネットワーク」をつくる
信頼できる人とのネットワークはどうしたらできるでしょうか。その具体的な方法について、リクルートのトップセールスマンから杉並区立和田中学校の校長に転身、自ら教壇に立って子供たちに〔よのなか〕科を実践する藤原和博さんにうかがいます。
2004/11/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発している...
2016/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...