企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カクレトウサン 隠れ倒産

「隠れ倒産」とは、統計上の「倒産」にはカウントされないものの、限りなく倒産に近い企業の休・廃業や解散を意味する言葉です。主に資産が負債を上回る資産超過の状態で、経営の余力を残しているにもかかわらず、会社清算に追い込まれることを指します。法的整理や私的整理の倒産に該当せず、倒産件数の数字には含まれませんが、事業継続を断念せざるを得なかったことにかわりはないため、「隠れ倒産」と呼ばれます。近年は、人材不足や後継者難、人件費高騰など“人”に関する要因で、休・廃業や解散にいたる「隠れ倒産」が増加。日本経済の大きな懸念材料として浮上しています。
(2014/8/8掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隠れ倒産のケーススタディ

倒産が減る一方、休・廃業や解散は増加
景気回復の副作用“人手不足”が要因に

一般に倒産とは、企業が債務超過などに陥り、経済活動を継続したくてもできなくなる事態をいいます。これに対し、資産が債務を上回っているにもかかわらず、経営の余力を残したまま、自ら事業継続を断念するのが「隠れ倒産」にあたる休業や廃業・解散です。隠れ倒産は、債務返済や社員への退職金支払いなどを考慮し、倒産に追い込まれる前に、あくまで自主的に事業を辞めるという形式。したがって統計上の倒産に分類されず、民間調査会社などが集計する倒産件数にもカウントされませんが、いずれにせよ、会社が消滅してしまうことに変わりはありません。

東京商工リサーチの調査では、2013年に銀行の取引停止を受けたり、民事再生法の適用を申請したりした企業の倒産件数は11,000件を割り込み、22年ぶりの低水準となりました。一方で経営の余力を残しながら、休・廃業や解散に至った隠れ倒産の件数は約29,000件。倒産件数の実に2.6倍にのぼり、過去10年で最悪の数字となっています。景気回復で統計上の倒産件数が減少するなか、休・廃業や解散はむしろ年々増加しているのです。

なぜ隠れ倒産が拡大しているのか。財務状況に問題がないのに、なぜ廃業という決断を選ぶしかないのか。最大のリスク要因は、景気回復の“副作用”である人手不足だといわれています。上記の休・廃業および解散の件数を産業別にみると、最も多いのは建設業(8,535件)で、人手不足や建築資材高騰などが休・廃業、解散の理由に挙げられています。次に多いのが飲食業・宿泊業(6,497件)です。

人口減少が進む一方で、東日本大震災からの復興需要やアベノミクスに伴う公共投資の拡大をうけて、求人が急増。特に建設業や外食産業で、人手不足や人件費高騰が深刻化しています。採用にかかる費用は上昇しているのに、それでも必要な人員を確保できずにビジネスの機会を逃がし、収益低下から倒産に追い込まれたり、後継者に恵まれず、事業継続を断念したりする中小企業も後を絶ちません。人材不足に起因する隠れ倒産リスクを軽減するためには、パートの正社員化などの対策を進めて現有戦力の離職を防ぐとともに、採用・育成を経営の根幹に据え、徹底的な戦略見直しを図る必要があります。その成否が企業の存亡を分けるといっても過言ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

人手不足倒産
「人手不足倒産」とはその名の通り、労働力不足が原因で倒産してしまうことをいいます。企業が人手不足に陥る主な原因として、新たな労働力の確保が困難な求人難や、コア人材の退職により、事業の継続が困難になること。新規採用やつなぎ止めのための給与アップなど、人件費のコストアップによる収益の悪化などがあげられま...
事業承継
「事業承継」とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことで、一般的には、閉鎖企業や同族経営の中堅中小企業のオーナー社長が親族や従業員に、あるいはM&Aの相手先に事業を承継させるプロセスを言います。よく似た言葉に「事業継承」がありますが、「承継」が先代の「地位、事業、精神を受け継ぐこと」であるのに対し、「継...
人手不足
近年多くの企業で問題となっている「人手不足」には、大きく二つの要因があると考えられています。一つ目が、景気回復によって、労働力の需要が増加したこと。そして二つ目が、少子高齢化の影響で労働人口が減少したことです。人手不足は特に建設、介護、保育、看護などの分野で著しく、政府も頭を悩ませています。

関連する記事

人事部課長に聞いた 人事戦略の現状と課題
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、「人事部課長に聞いた 人事戦略の現状と課題」についてのWEBアンケートを実施。本記事では、その中から「経営戦略上の重要テーマ」「『人材育成』に関する人事戦略」「人事戦略の策定・明文化」について取り上げます。
2012/08/20掲載人事・労務実態調査
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書
「博士」の採用に二の足を踏む企業
中途採用に重要な要素の一つにタイミングがあります。優秀な人材がいたとしても、社内に空きがないと採用できません。逆に採用したくなった時には良い人材の応募がないということはよくあるもの。もう一つは決断力です。平均的にレベルの高い人材を採用するか、多少バランスは悪く...
2013/02/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 就業管理 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。