企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガクシュウセイムリョクカン 学習性無力感

「学習性無力感」とは、米国の心理学者マーティン・セリグマンが1967年に発表した概念で、抵抗することも回避することも困難なストレスに長期間さらされ続けると、そうした不快な状況下から逃れようとする自発的な行動すら起こらなくなる現象をいいます。セリグマンたちは犬を用いた実験によって、「自分が何をしても状況は変わらない」という思い=無力感が体験から学習されるものであることを発見しました。「学習性絶望感」や「学習性無気力」とも呼ばれ、一種の抑うつ状態や学業不振にいたるメカニズムの一つとしても注目されています。
(2014/3/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習性無力感のケーススタディ

経験から学習する「努力してもムダ」
職場に無力感をまん延させるのは誰か

長期間にわたって、強制的あるいは不可避的なストレスと抑圧の下に置かれると、その状況から「何をしてもムダだ」という無力感を学習し、認知するため、抵抗しよう、回避しようと努力する意欲さえ失って、あきらめに支配されてしまう――「学習性無力感」の理論を実証したセリグマンたちの実験とは次のようなものでした。

不快な電気ショックの流れる部屋に犬を入れ、一方の犬はパネル状のスイッチを押すと電気ショックを止められる環境に、もう一方の犬は何をやっても電気ショックを止められない環境に置いて、行動を観察しました。すると、前者の犬はスイッチを押せば電気ショックを回避できることを学習し、すすんでスイッチを押すようになりましたが、後者はどうやっても逃れられないため、ついには行動を止め、甘んじてショックに耐えるだけになってしまったのです。続いて両者を、仕切りの壁を飛び越えるだけでショックを回避できる部屋へ移して観察を続けたところ、前者の犬は自発的に回避行動をとりましたが、後者の犬は何も行動を起こそうとしなかったといいます。

後者の犬は、最初の実験において、電気ショックから逃れようとしてもかなわなかった経験から、電気ショックと自分の行動は無関係である、すなわち何をしても状況は変わらないと学習し、それを認知した。そのため、行動を起こせばストレスを回避できる状況になっても何もしなくなってしまったのだ、とセリグマンは理解し、これら一連の実験結果から無気力状態が学習の成果として現れることを発見したのです。

抑うつとの関連が述べられているように、学習性無力感のメカニズムは人間の行動にもあてはまると考えられています。例えば企業のマネジャー層からよく、「最近の若手は無気力だ」「壁を突破する覇気がない」といった不満が挙がりますが、その若手の無気力状態がもし“学習されたもの”だとしたら、どうでしょうか。「どうせ自分が何をしても報われない、現状は変わらない」というあきらめの心理が、学習の成果として現れたものなら、問題の本質は人にそれを学習させ、認知させた環境――セリグマンたちの実験で犬がどうやっても電気ショックから逃れられなかった状況にこそあるといえるでしょう。

マネジャーは部下やメンバーの無気力を嘆く前に、自らがマネジメントする職場がそうした環境になっていないか、そして誰よりも自分自身が、部下の新しい提案・提言に文句ばかりつけ、いい部分より悪い部分をあげつらうことでやる気のある若手に「努力してもムダ」と学習させている張本人ではないか、内省してみる必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

経験学習
人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイ...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座
「学習する能力」を科学する「ニューロサイエンス(神経科学)」とは ~脳の学び方を知り、職場のパフォーマンスを高める~
2016年11月に東京で開催された世界最大級の人材開発会議「ATD 2016 JAPAN SUMMIT」の特別講演で初来日した、この分野の第一人者であるNeuro-Link社CEOのアンドレ・バーミューレン氏に、ニューロサイエンスの概要や神経科学的アセスメント...
2017/01/12掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

英語で学ぶE-ラーニングツール
会計分野あるいはBPRについて、英語で学習するE-ラーニングツールがあれば費用や内容など教えていただきたいです。学習者が外国人のため、日本語のサイトだと学習効果という点で困難なところがあるためです。よろしくお願いいたします。
学習塾の人事制度について
人事制度の抜本的な改革に取り組もうとしております。学習塾を専門としたコンサルタントをご紹介いただけないでしょうか。
人事(行動)評価と懲戒処分について
当社の人事評価制度では、行動評価の対象範囲を、業務上の行動に限定し、業務外のプライベートな行動は評価対象外として整理していますが、業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で、就業規則に基づく懲戒処分を付した場合でも、その行為(事実)は当該年度の行動評価の対象として評価を行うべきなのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...