企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ランチケーション ランチケーション

「ランチケーション」とは、ランチタイムを活用して行われるワーキングマザーの異業種交流会のことです。博報堂の企業内大学「HAKUHODO UNIV.」がワーキングマザーのネットワーク化を図る目的で立ち上げた、リーママプロジェクト(リーママとはサラリーマンママの略で働く母親の意)の取り組みの一つとして発案・提唱。サラリーマン社会でいう“飲みニケーション”をヒントに「ランチケーション」と名付けて、活動を推進しています。ランチケーションは、終業後の時間を活用できないワーキングマザーならではの新しい交流の広げ方、深め方として注目を集めています。
(2014/1/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチケーションのケーススタディ

ワーキングマザーがランチ会で交流
企業には飲みニケーションより有益

社内外のコミュニケーションを促し、社員のモチベーションの強化やアイデアの収集に結びつける貴重な機会として、ランチタイムの有効活用に注目する企業が増えています。その取り組みの主役となっているのは、時間の制約が大きいワーキングマザーです。

男性中心の伝統的なサラリーマン社会では、社員同士が交流を深め、情報交換に勤しむ場はもっぱら夜の宴席でした。いわゆる“飲みニケーション”です。ところがワーキングマザーの場合、男性の家事・育児への参加が進まない現状では、仕事を終えてもなかなか自由が利きません。オフィス用品通販のカウネットが、全国の12歳以下の子どもを持つ30~40代の働く女性を対象に行った調査(有効回答数146人)では、全体の9割が「子どもができる前より時間が足りない」と回答しています。当然、退社後の飲みニケーションへの参加は難しいでしょう。もともと職場で少数派のワーキングマザーは、同僚と仕事や家庭についてじっくり語り合う機会にも恵まれないまま、孤立を深めていくことに――。こうした閉塞状況を何とか変えたいという思いから始まった取り組みの代表例が、博報堂が提唱・推進する「ランチケーション」です。

ランチケーションは、同社社員を含めた異業種のワーキングマザーが集まり、仕事から育児の悩みまで幅広いテーマについて語り合うランチ会。博報堂の人材育成を担う企業内大学が12年4月から始めた「リーママプロジェクト」の活動の一つで、働く母親同士をつなげて仕事や家庭の壁を共に乗り越えるのがねらいです。飲みニケーションをヒントに「ランチケーション」と名付け、昨年夏までに約30社、約300人のワーキングマザーたちとの交流を実現してきました。

子育て中の女性社員が集まって、社内でランチ会を開く動きは着実に広がっています。グループ7社から子育て中の女性社員が集まり、小グループに分かれて語り合うランチ会「ママズ・コミュニティ」を展開しているのはセブン&アイ・ホールディングス。12年7月から始まったこの取り組みでは、毎回事務局が設けたテーマについて意見を交わすとともに、セブン&アイ・ホールディングスで販売する総菜や弁当を食べて、感想や要望などをフィードバックしています。企業にとっても、働くママの意見を収集できる絶好の機会というわけです。またオリックスは09年から年4回のペースで、復職して1年未満のワーキングマザーを対象としたランチ会を開いています。人事担当者も参加して、効率的な働き方やキャリアプランなど、働く女性たちが抱える悩みの把握に努めた結果、同社社員のうちワーキングマザーが占める割合は03年3月末の6.6%から、13年3月末には29.7%にまで高まりました。

昨今は若い男性を中心に、妻と協力して家事や子育てに積極的に参加しようとする夫も増えています。そうしたイクメンにとってもランチタイムの有効活用は好都合でしょう。飲みニケーションからランチケーションへ――新しい交流のあり方が日本人の働き方そのものを改革する突破口になるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
イクメン
「育児をするメンズ(男性)」の略語。単に育児中の男性というだけでなく、進んで育児休暇を取得するなど子育てを積極的に行う男性や、育児を楽しみ自らも成長しようとする男性、または将来的にそうありたいと考えている男性のことを、「イケメン」をもじって「イクメン」と称します。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第57回 社員の「ボランティア活動」と企業の支援(前編)
企業の社会的責任(CSR)が注目されているが、2011年の「東日本大震災」以降は、社員の「ボランティア活動」を推進する企業が増えているという。 それでは、実際に社員はどのようにボランティアに取り組み、企業はそれをどうサポートしているのか――。 『前編』では、「...
2012/06/25掲載人事マネジメント解体新書
株式会社ローソン: 男性が変われば企業風土も変わる! ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率の向上を導いています。インタビュー後編では、同社が展開する「男性の育児取得促進活動」がどんな成果、効...
2016/10/31掲載となりの人事部
今野浩一郎さん いま、企業に求められる高齢者活用と、 仕事をベースとした「新型人事管理」へのパラダイムシフト
「70歳まで働ける企業」基盤作り推進委員会(高齢・障害者雇用支援機構)の座長を務められるなど、高齢者問題に詳しい学習院大学教授の今野浩一郎さんに高齢者雇用・活用の具体的なポイント、新型人事管理を構築するために必要な要件などについて、お話しを伺いました。
2010/05/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

ワーキングホリデーの採用
ワーキングホリデーで日本に来ている外国人をアルバイト採用する場合、資格外活動許可書等の書類が必要になりますか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...