企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】セカシュウ セカ就

「セカ就」とは、「世界就職」の略で、日本国内でのキャリアにこだわらず、世界全体を労働市場として強く意識して就職活動を行うことをいいます。ビジネスのグローバル化の新展開や国内の雇用環境の閉塞感を背景に、最近では海外経験が特に豊富とはいえない一般の学生や若手ビジネスパーソンの一部にも、世界就職に活路を見出す志向が高まっているといわれ、就職活動の新しい動きとして注目されています。
(2013/11/25掲載)

セカ就のケーススタディ

内定取得者の6割がグローバル人材志望
「いつかは海外」より「いきなり世界」

セカ就」という言葉は、2012年に大手就職情報サイトの「リクナビ」が就職領域におけるトレンド予測のキーワードとして提唱したことから注目を集め、以来、さまざまなメディアで頻繁に取り上げられるようになりました。

海外での就職・転職活動というと、帰国子女やTOEIC高得点者、あるいはMBAを取得するようなエリート人材に限られたチャンスというイメージが根強くあります。海外留学生の減少などを根拠に、最近の若者が “内向き”“安定志向”であるという声が多いことも、そのイメージに拍車をかけていますが、実際、調査でも学生の約7割が国内や出身地など身近な場所で働きたいと答えています。内向き・安定志向は多数派ですが、残りの3割は外に出てチャレンジしたいと考えているのも事実。「セカ就」を予測したリクナビの岡崎仁美編集長は、就職活動中の若い世代に見られる変化として「ビジネスのグローバル化が新たなフェーズを迎えている実態を正面から受け止め、世界で活躍する人材を目指した研さんを始めている」と述べています。

リクルート「就職ジャーナル」が内定を取得した12年卒業予定の大学4年生・大学院2年生に行ったアンケート調査(11年12月)によれば、約6割が「将来グローバルで通用する人材になりたいと思う」と回答。またグローバルで通用する人材になるために、語学の勉強や留学、海外ボランティアなど何らかの行動をとったことがあると答えた学生は半数近くにのぼっています。さらにそうした行動をとった学生の約2割が、実際の就職活動でも「海外勤務ができそうな企業」や「グローバル展開を重視している企業」「語学力が高められそうな企業」を志望したことが明らかになりました。

一部の若い世代が「世界で働く」ことを強く意識するようになった最大の要因は、やはり企業の動向にあると考えられます。ビジネスのグローバル化が、海外移転や現地化を推進する段階から「最初から世界で売ることを意識してモノをつくる」時代へと新たな展開を迎え、それに伴って人材の確保・育成も「世界」を前提として行う企業が増えています。世界市場に打って出るためには、人材を世界から集め、世界でサービスを提供するための教育を施さなければなりません。こうした変化を受けて、若者の側にも「将来が不透明な国内に閉じこもることはむしろリスクであり、もはやグローバル化からは逃れられない」という認識が強まっているのでしょう。内定取得者を対象にした上記の調査で、「グローバルで活躍できる人材になりたい」という回答が多かったのも、そういう認識を持つ学生だからこそ、企業に選ばれ、内定を得たのだととらえることもできます。

先述の岡崎編集長は「これまでの海外勤務志向の学生は、『いつかは海外』とイメージしていたが、現在では『いきなり世界』を考えている」と分析しています(サーチナ 2012年3月2日付)。「セカ就」が当たり前になる時代が来るのもそう遠くないのかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...

関連する記事

「内定者フォロー」とは ~その目的
新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
2011/03/14掲載人事支援サービスの傾向と選び方
2. グローバル人材研修の現状
産業能率大学が実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」を見ると、グローバル展開に伴って、多くの企業が日本人の「グローバルリーダー」「グローバルマネジャー」「ローカルマネジャー」が不足していると回答。グローバル人材を取り巻く状況について整理する。
2012/10/24掲載よくわかる講座

関連するQ&A

内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
内定式
この度、弊社として初めて『内定式』を行うことになりました。内定式の企画・立案を任されたのですが、まったく初めての状態でして、情報がとても少ない状態です。 そこで、ご意見を伺いたいのが 1.何の為に内定式を開催するのか 2.どのような内容・プログラムを組んでいるのか という二点です。 以上、よろ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...