企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コウカンリュウショク 交換留職

「交換留職」とは、学校間の交換留学のように、自社の社員と他社の社員を一定期間入れ替え、交換先企業で実際に業務を経験させる人事研修制度のことです。最初に考案・導入したのは、スープ専門店「スープストックトーキョー」やリサイクルショップなどを運営するスマイルズ(東京・目黒)で、2009年から実施しています。まだ事例が少ないものの、個人と組織の成長を促し、企業間交流を深める新しい試みとして注目を集めています。
(2013/5/27掲載)

交換留職のケーススタディ

異なる仕事と職場で若い社員の好奇心に応える
多様な価値観を学び合う新しい企業間交流の形

自社に在籍したまま、別の会社で今までとは違う仕事と職場を体験する「交換留職」は、スマイルズの遠山正道社長の発案によって生まれた制度です。「それぞれの企業内で培ってきた多様な経験や価値観を互いに学び合う機会が持てないか」と考えた遠山社長が、学生時代からなじみのあった星野リゾートに提案し、実現しました。スマイルズからは、当時のスープストックトーキョーの店長が派遣され、星野リゾートで約3ヵ月間にわたり接客ノウハウなどを研修。交換留職の最初の事例となりました。

その後、同社ではベネッセのグループ企業である香川県の直島文化村や博報堂ケトル、NPOフローレンスなどと提携し、実績を重ねています。直島文化村は、プライベートで訪れた遠山社長が「こんな環境で仕事ができたら面白い」と感動し、交換留職のヒントを得た場所。その直島文化村も他社との交換留職を試みるなど、徐々に取り組みの輪が広がっています。

スマイルズのHPによると、同社社員の平均年齢は27~28歳。若くて感性や好奇心が豊かな半面、社会経験の浅い社員が多数在籍しています。若いからこそいろいろなことに挑戦したい、違う世界を体験してみたいと考える社員に対し、会社を辞めることなく、他の企業で働いて視野を広げられるよう支援するのが交換留職制度のねらいです。

同社人事部に勤め、自らも交換留職社員として直島文化村で働いた経験を持つ吉田剛成さんは、他社で働く社員だけでなく、他社の社員を戦力として受け入れる自社の組織にも大きなメリットがあると言います。

「他社から人を受け入れる際、育成する気持ちを持てるかが問われます。その人と自社の人間として接することができるか。そこに責任を持つことによって結果的に自分たちの会社も良くなるのです。外からの新鮮な視点が入ることで新しい刺激になったり、社内の人同士では言えないことや気付けなかったことも指摘してくれたりしますから」(2013年4月13日 オルタナより)

個人は異なる仕事や職場を体験することで、企業は異なる組織からの人材を受け入れることで多様な価値観や考え方を学び、成長することができる――組織のダイバーシティを深化させる意味においても、今後、企業留職が企業間交流の新しいあり方として普及していく可能性は大きいでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

留職
「留職」とは、「留学」のもじりで、企業に所属する人材がグローバル感覚を養うために現在の組織をいったん離れて、一定期間、新興国など、海外で働くことをいいます。特に企業の関心を集めているのが、現地NPOなどの社会セクターや公的機関に赴任し、本業で培ったスキルを活かして社会課題の解決に取り組む「留職」プ...
研修内製化
研修内製化とは、社外の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
EVP
EVPとは、Employee Value Propositionの頭文字をとった略語で、直訳すると「従業員価値提案」。つまり、企業が従業員に提供できる価値のことを指します。従来の「従業員は会社にどのような利益をもたらすか」という視点ではなく、「企業は従業員に何を提供できるか」という視点に立つのが、E...

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
1. モチベーション研修・組織活性化研修とは
「モチベーション」は一般的に、「やる気」や「動機づけ」と訳される。モチベーションが個人のアウトプットや生産性に大きく影響するが、個人の集まりである組織でも同様だ。では、一人ひとりのモチベーションを高め、組織を活性化させていくためには、どうすればいいのか。その考...
2013/01/09掲載よくわかる講座
社員の評価者となる管理職はどれくらい訓練されている?成果主義を導入した企業の「考課者研修」の実態とは?
年功ではなく、仕事の成果を重視する処遇制度では、現場の管理職が部下の社員を公正・透明に評価することが、基本中の基本です。もし、成果をあげていると思われていた人が低い評価になったり、意外な人が高い評価になったりすると、職場に違和感が広がって、社員の士気は下がり、...
2006/10/16掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新入社員の研修について
現在新入社員向けの研修制度を策定しています。 内定者研修、新入社員研修、フォローアップ研修と考えておりますが 企業様やその研修内容も多種多様です。 そこで平均的な金額や日程についてお教え頂けませんか。
パートの労働時間
当社では他社と掛け持ちで働いているパートが数名います。 この人たちの契約時間ですが、他社と合わせて週40時間以内にすべきであるかなど気をつけないといけない点を教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...