企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アイティエスエス ITSS

経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。
(2005/1/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITSSのケーススタディ

ITスキルを明確にする指標
人材の育成に活用する動きも

IT関連サービスは、比較的若い産業です。そのため高度な専門知識・能力を持った人材が、まだまだ不足しています。しかも、どのような専門知識・能力が必要なのか、業界全体の物差しや辞書となるようなものがこれまでありませんでした。

今後、企業がITの専門知識・能力の持ち主を採用、育成していくためには、あるいは個人が自発的に将来の仕事に必要なITの専門知識・能力を習得していくためには、それぞれの職種や専門分野ごとに、どのようなITスキルが、どの程度必要なのかが明確になっていると好都合です。そこで作られたのがITSSというわけです。

2002年12月に、マーケティング、セールス、コンサルタント、ITアーキテクト、プロジェクトマネジメントなど11職種、38専門分野について、レベル1からレベル7まで7段階の評価基準が示されました。

これによりIT関連サービスに関わる技術者がどの程度のITスキルを持っているのか、客観的に判断できるようになったのです。また、各レベルに必要なスキルが示されているわけですから、今後、何ができるようになればレベルアップできるかもわかるようになりました。

企業がITSSを人材育成に使おうという動きも出てきました。そうした企業をサポートしようという動きも活発になってきて、たとえば特定非営利活動法人のITSSユーザー協会は、ITSSに基づいたスキル管理システム「SSI−ITSS」を開発し、同協会の会員企業の中のASP事業者を通してそれを提供しています。

このシステムは、簡単な質問項目に答えることによって各人のITスキルのレベルを判定したり、企業の人材戦略に沿って設定される各人の目標値に対して、どのようにITスキルのアップを図っていけばいいかを表示したりするなどの機能を持っています。

今後、企業や団体がシステム構築などをIT関連企業に発注する際、ITSSを目安として、一定のITスキルのレベルをクリアしている技術者がいるかどうかなどを条件にする、ということもあり得ます。今やコンピュータシステムは企業の業務に欠かせないものです。発注先のIT企業の実力を測る物差しとしてITSSを活用しようと考える企業や団体が出てきても不思議ではありません。ITSSはIT関連企業にとって無関心でいられないものとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

テクハラ
「テクハラ」とは、テクノロジーハラスメントあるいはテクニカルハラスメントの略で、ITに疎く、コンピューターなどハイテク機器の扱いが苦手な人へのいじめ・嫌がらせのことです。ITに関する知識が豊富でスキルの高い人がそうではない人に対し、わざとわかりそうもない専門用語で指示を出して追い詰めたり、相手が対応...
トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

目標管理における職務記述書 IT企業用
従業員100名程度のIT企業ですが、今回目標管理、評価制度を導入することになりました。 基本的に職務記述書はITSSを参照にしておりますが、もっとわかりやすい記述をしてあるものはないのでしょうか。有益な参照URLなどご存知であれば教えていただきたいと思います。
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
ビジネススキルとヒューマンスキル
社内研修の体系化を企画しておりますが、そのカテゴリの話になった時、「ビジネススキル」と「ヒューマンスキル」の違いは何だと言う話になりました。 現時点では私どもとしては、ビジネススキル=所属している会社において自分の業務を遂行する上で必要なスキル(業務フロー、コンプライアンス等) ヒューマンスキル=ど...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン 富士通が実践する「働き方改革」

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...