企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リンリケンショウ 倫理憲章

正式には「新規学卒者の採用・選考に関する倫理憲章」と言います。「就職協定」に代わるものとして日本経団連が中心になって定めた新卒者の採用活動に関するガイドラインです。
(2005/1/11掲載)

倫理憲章のケーススタディ

新卒者の採用活動の早期化にクギ
日経連加盟の半数の企業が賛同

かつて、会社説明会や会社訪問の開始時期を定めるなどして、新卒者の採用・就職活動の、とくにスケジュール面における一定のルールとなっていたものが「就職協定」です。

就職協定は、大学、日経連、文部省、労働省を中心とする「就職問題懇談会」によって1953年に作られたのが最初でした。しかし、罰則規定のない紳士協定だったために守らない企業が続出し、また、すべての企業が参加したわけでもなかったため、その後、廃止や復活、内容の変更を繰り返し、結局、1996年に廃止されてしまいました。

しかし、新卒者の採用・就職活動をめぐって全くルールがないのもいかがなものかということになったのでしょう。1997年度の採用活動から登場したのが、日本経団連が中心になって定めた「倫理憲章」です。以来、これが新卒者の採用・就職活動に関する一応のルールあるいは目安ということになっています。

ただし倫理憲章は当初、就職協定を強化したものではなく、ほとんど精神的な戒めという感じのものでした。「大学等の学事日程を尊重する」「採用選考活動の早期開始は自粛する」などの表現がほとんとで、具体的にスケジュールに言及しているのは「正式な内定日は10月1日以降とする」という部分だけだったのです。

ところが、2003年の改定、つまり2004年の採用・就職活動に関する倫理憲章で「卒業学年に達しない学生に対して、面接など実質的な選考活動を行うことは厳に慎む」という一文が盛り込まれました。多くの企業が2〜3月に大学3年生を対象に採用活動をスタートさせ、4年生になった4〜5月には内々定を出す状況の中、大学4年生になる4月1日以前の選考は行わない、ということにしたのです。しかも、これに日本経団連加盟企業の約半数に当たる644社の企業が賛同の意思を表しました。

むろん、加盟企業の約半数とはいっても、644社という数字は日本全体の企業数から見れば多くありません。そもそも日本経団連に加盟していないところもたくさんあります。そのため、2004年の採用活動では、全体として大きな変化は見られなかったようです。

しかし、この一文は2004年の改定、つまり2005年の採用活動に関する倫理憲章にもそのまま盛り込まれました。採用・就職活動のこれ以上の早期化は、企業にとっても学生にとっても望ましいものではない、ということです。果たして、採用・就職活動に一定のルールやパターンができ、早期化にクギをさすことができるのか、それともやはりかつての就職協定のように有名無実化してしまうのか、倫理憲章の今後が注目されるところです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
通年採用
「通年採用」とは企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。多様化への対応やグローバル人材の必要性が高まっている近年、通年採用によって優秀人材の獲得を目指す企業が増えています。ここでは、一括採用との違いやメリット・デメリットを整理するとともに、通年採用を成功に導くポ...
採用広報
「採用広報」とは、目標とする採用人数を達成することと、自社が求める人材の獲得を目的に、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。このような「成果を上げている」企業は、「採用市場において勝つためのプランニングができている」「採用活動に...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...