無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】コワーキングスペース コワーキング・スペース

「コワーキング」(CoWorking)とは、独立して働くフリーランスや起業家、企業に所属していても働く場所を自由に選択しながら仕事をするノマドワーカーなどが事務所設備や会議スペースなどを共有し、それぞれの仕事を行うワークスタイルのこと。そういった働き方を支援する共有オフィス環境およびそれを提供するサービスのことを「コワーキング・スペース」といいますが、近年は増加傾向にあり、注目を集めています。
(2012/5/14掲載)

コワーキング・スペースのケーススタディ

孤独な在宅より緩くて深いつながりを
オフィスの共有による相乗効果に期待

ソーシャルメディア・ツールの発達やネットワーク環境の高速化・大容量化など、情報技術の飛躍的な進化は、私たちの労働観にも大きな変化をもたらしつつあります。それは個人に組織からの独立を促し、時間・場所の制約に縛られない柔軟な働き方の実現を可能にしました。しかし、在宅勤務やSOHO、カフェなど孤立した仕事環境での作業はリラックスできる半面、ときに対人交流の不足による孤独感や不安を伴い、集中力の低下を招きがちです。実際、2007年にアメリカで実施された被雇用者に対するテレワーク関連の調査では、官民を問わず多くの労働者が、かりに認められても在宅勤務はしないと回答し、その理由として7割近くが孤独感を挙げています。

そこで注目を集めているのが「コワーキング」。2000年代の初めに米・サンフランシスコのフリーエンジニアたちが集まって働くようになったのが始まりといわれ、拠点となる「コワーキング・スペース」は世界各地で増えています。

既存のシェアオフィスやレンタルオフィスを活用するスタイルと決定的に異なるのは、利用者が個室やパーテーションで区切られたブースにこもるのではなく、図書館のようにオープンな空間を共有して各自の仕事に取り組むため、利用者間のコミュニケーションが生まれやすくなることです。コワーカーを受け入れるコワーキング・スペースでは、積極的に交流イベントやセミナーを催すなどして、利用者同士の緩やかなコミュニティーが形成されるよう促すのが普通です。

もちろん格安の仕事場や単なる話し相手を確保することだけがコワーキングのねらいではありません。それぞれが独立して働きながら、相互に情報やアイデアなどを交換して刺激し合ったり、業種を超えた人脈を広げたり、あるいは独りではこなせない仕事に他の利用者と協働して対応したり――コワーキングとは、オフィス環境を共有してコミュニティーを形成することの“相乗効果”を目指す取り組みなのです。自立・自律的なビジネスパーソン同士の、緩く、それでいて深いつながりといってもいいでしょう。

日本でも10年に神戸市内でコミュニケーション・ワークスペース「カフーツ」がオープンしたのを皮切りに、都内や関西などで相次いでコワーキング・スペースが誕生。施設の体裁や利用方法はさまざまですが、すでに全国で60ヵ所以上が稼働しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード