企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヒカリトポグラフィーケンサ 光トポグラフィー検査

「光トポグラフィー検査」とは、近赤外線を頭部に照射し、跳ね返ってきた光を検出することで脳表面の血流の変化を読み取り、脳の活動状態を可視化・数値化する検査法です。うつ病などの精神疾患を客観的に診断するための先端技術のひとつであり、2009年に「光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助」として、精神医療分野ではじめて先進医療の承認を受けました。なお、「光トポグラフィ」(ひかりトポグラフィ)は脳計測分野における日立製作所の登録商標ですが、その利用は一般公開されています。
(2011/10/7掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光トポグラフィー検査のケーススタディ

うつ病など心の病を“見える化”する技術
休職者復帰のタイミングの見極めにも光が…

現在、全国の医療機関で治療を受けているうつ病患者の数は104万人を超えていますが、そのうち最初から精神科に罹った人は1割程度しかいません。7割近くの人が最初に門をくぐったのは内科。本人の最初に感じる症状がおもに不眠や倦怠感、疲労感といった身体的症状であるため、たいていはうつ病と思わず、かかりつけの内科医を受診してしまうようです。しかしその後、精神科にたどりついたとしても、うつ病をはじめとする気分障害の診断は難しく、確定的な診断を下すまでには時間がかかるのが普通です。体の病気なら、血液検査や画像診断といった客観的指標に基づいて診断を下せますが、うつ病の診断は従来、問診に頼るしかなかったため、誤診も少なくありませんでした。

客観的にうつ病を診断する手段はないか――そこで開発されたのが「光トポグラフィー検査」です。先述のとおり、これは脳内の血流変化を読み取って、うつ病を“見える化”する技術です。脳が活動すると、血流の状態に応じて光トポグラフィーの波形が変化します。その派形の変化には、うつ病、躁うつ病、統合失調症などの疾患によってそれぞれ特有のパターンがあるため、うつ病の診断の助けになるというわけです。

実際の検査では、患者は近赤外線を照射・検出する装置を内蔵したヘッドセットを頭につけ、最初の10秒間は「あ・い・う・え・お」を繰り返すよう指示されます。次の10~70秒間は、「あ、で始まる言葉は…」という風に同じ頭文字で始まる言葉を言い続けます。この課題に対して脳を使う際の血流の変化がポイント。健康なら、脳の使い始めに血流量が増え、活動中は高値で維持されます。一方、うつ病患者は課題の始まりには反応するものの、血流量がなかなか増えないという特徴があるのです。

もちろん、これだけで正式な診断が下されるわけではありませんが、国立精神・神経医療研究センターにおける昨年までの実績(約200例)によると、鑑別の精度は躁うつ病で8~9割、うつ病で7~8割に達しているといいます。

社員のメンタルヘルスをめぐる問題で、会社がとりわけ対応に苦しむのが休職者を復帰させるタイミングです。従来のように問診頼みの診断では、実際は治っていなくても、本人が大丈夫と言い張れば、復職を止めることは原則として困難です。その結果、症状の悪化を招き、復職と休職を繰り返して、現場に混乱をきたすことにもなりかねません。「光トポグラフィー検査」のような先進医療が診断技術として標準化され、スムーズな職場復帰の手助けとなる日が待たれます。ちなみに2011年8月1日時点で、同検査が受けられる医療機関は全国に12施設あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

新型うつ病
従来型の典型的なうつ病とは印象が違う、新しいタイプのうつ病のこと。仕事中だけうつで、職場を離れると活動的になるなど自己中心的に映るため、周囲が対応に苦慮する場合も少なくありません。
不定愁訴
「不定愁訴」とは、医療用語の一種で、何となく体調が悪いという程度の漠然とした自覚症状を訴える人が医療機関を受診しても、身体の不調や不快感につながる明らかな病変が見つからない状態を言います。「頭が重い」「イライラする」「体がだるい」「よく眠れない」など、患者からの訴え(主訴)は強いものの、その内容は主...
リワーク
「リワーク」(Re-Work)とは、ある程度まで回復した休職中のメンタルヘルス不調者を対象に、復職に向けたウォーミングアップを行うことをいいます。いきなり職場へ戻って働きはじめるのではなく、専門の公的機関や医療機関などに通い、オフィスに似た環境で実施されるさまざまな復職支援プログラムを通じて再発リ...

関連する記事

診断書の情報だけで判断してはいけない! 精神科産業医が教える職場でみられる「うつ」の困難事例における具体的対応
うつ病の方へは、古くから「励ましはダメ」「頑張らせてはいけない」という対応が望ましいとされてきました。しかし、近年ではそのような対応をしてもうまくいかない事例が増え、職場においてさらなる混乱を招いています。この背景には、「うつ」と「うつ病」とが混同されているこ...
2014/05/19掲載人事・労務関連コラム
有所見率は53.2%!〔平成26年〕ストレスチェックとの違いは? 健康診断での有所見者に対する対応
健康管理の基本は健康診断です。では、健康診断において“有所見”となった社員への対応はどのようにすべきでしょうか。受診勧奨のやり方とともに、健康診断にまつわる会社のリスクや留意点などについて解説します。
2016/07/11掲載人事・労務関連コラム
職場のメンタルヘルス最前線 増加する“新型うつ病社員”への対処法
今までのうつ病のイメージには当てはまらない「新型うつ病」について、事例とともに、特徴や対応ポイントを紹介しています。
2008/05/02掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

健康診断
入社時に健康診断は必ず実施しなくてはならないのでしょうか。 弊社では年に1度健康診断を行っていますが、雇い入れ時にはしていません。 社員から質問がありました。
雇い入れ時健康診断と定期健康診断について
平素より大変お世話になっております。 今年の4月採用の社員で雇い入れ時健康診断をなかなか受診しない者がおり、 ついに定期健康診断を受ける6月の時期になってしまいました。 今から別途外部で健康診断を受診しても定期健康診断と ほとんどの項目が重複する形となってしまいます。 そこで、6月に受診する定...
長時間残業の健康診断について
弊社は1ヶ月間の残業が100時間を超えた従業員に対し、健康診断を受けるよう指示をしております。長時間残業者に対し、健康診断を受けさせる事は、法律で決められている事なのですか? ご教授願います。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...