無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】シニオリティ シニオリティ

「シニオリティ」(seniority)とは、日本語で「先任権」の意味。昇進・異動・休職・解雇など労働条件の決定において、その企業に先に就職し勤続年数の長い古参従業員が、後から就職した者よりも有利な扱いを受けられる権利のことです。おもにアメリカやカナダで広く見られる独特の雇用慣行で、先任権に基づいてレイオフ(一時解雇)などを実施する制度を「先任権制度」(シニオリティ・ルール)といいます。
(2011/7/25掲載)

シニオリティのケーススタディ

雇用調整を円滑化する米国特有の慣行
勤続年数を基準にして労働差別を排除

日本企業の駐在員がアメリカの現地法人などに赴任すると、現場の従業員が予想以上に高齢化していて驚かされるということが少なくありません。一般的にアメリカやカナダの企業では、使用者と労働組合との間で結ばれる労働協約によって、勤続年数の長い従業員から順に人事上優遇される権利=「シニオリティ」(先任権)が認められているためです。この制度に基づいてレイオフが実施される場合は、勤続年数が若い、すなわち先任権の順位が低い従業員から順に必要人数まで解雇されるため、一時的に職場の高齢化が進むのです。やがて労働力需要が回復すれば、一時解雇中の従業員のうち先任権順位が高い(=勤続年数の長い)人材から優先的にリコール(再雇用)されます。

シニオリティの起源は19世紀の後半、アメリカの印刷業や鉄道業でその考え方が形成されました。1930年代のニューディール政策下で、労働組合運動の高まりを背景に、産業界全体へと急速に広まっていったといわれています。労働協約でシニオリティの適用を規定する目的は、勤続年数という明確な基準を用いることによって使用者側の恣意的な人事や差別を排除し、レイオフに伴う労使紛争、熟練労働者の自発的な移動を防ぐことにあります。もっとも近年は、レイオフやリコールの優先順位に限らず、昇進など労働条件全般についても広く適用されるようになりました。

こうした先任権の概念は、日本における「年功序列」の雇用慣行と一見似ているように思われます。しかし年功制は、先任権制度ほど客観的基準に基づいて厳格に適用される雇用ルールではなく、レイオフなど雇用調整策との明確な関連性もありません。そもそも日本における雇用調整はレイオフに依らず、早期自主退職制度や新規採用を控える方法で行われるのが一般的です。

とはいえ、「先に勤め始めたというだけで尊重される」という考えは、日本の組織にも無意識のうちに根付いているのではないでしょうか。とりわけパートタイマーやアルバイトなど非正規社員の間では、正社員と違って地位や肩書きによる明確な序列づけがない分、「先輩・後輩」という自然発生的なシニオリティが横行しがちです。能力やスキルの有無とは関係なく、長く勤めているからというだけでベテランスタッフに後から入った従業員が遠慮するような雰囲気は、職場のモラールを下げ、サービスやオペレーションの質にも悪影響を与えかねません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード