企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オープンブック マネジメント オープンブック・マネジメント

“オープンブック”のブックは企業の会計帳簿や財務諸表を指し、それをオープンにするという意味。すなわち「オープンブック・マネジメント」(Open Book Management)とは、自社のあらゆる経営指標をすべての従業員に開示し、経営の透明性を高めることによって、従業員の自律性や組織のモラールを最大限に高めようとする経営手法のことです。OBMとも略されます。
(2011/3/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンブック・マネジメントのケーススタディ

“数字”を共有すれば社員は自ら動く
教育と権限委譲、成功報酬も不可欠

そこで働く誰もが業務改革、組織改革の必要を感じていながら、なかなか成果が出ないという職場には、かならずと言っていいほどある種の疑心暗鬼や他責(問題を他者のせいにすること)が巣食っています。マネジメント側は社員に対して「危機感がない」「当事者意識がない」と不満を露わにし、社員は社員で上からはっぱをかけられるほど、「業績が上がらないのは経営者のせい」「本当は自分たちの給料がもっと上がってもいいのではないか」と不信感を募らせる。これでは、組織のモラールが高まらないのも無理はありません。とりわけ上場していない多くの中小企業の社員にとって、自社の経営状況の実態は、知りたくても知りようがありません。わかるのは売上げぐらいで、その裏側にある細かい数字は想像するしかないので、かえって疑心暗鬼に陥るのでしょう。

ならばいっそのこと、すべてをオープンにして、自社の経営の実態を全員で共有しようというのがオープンブック・マネジメントの考え方です。実際、この手法は1990年代前半、不況にあえいでいたアメリカの中堅企業の経営現場で芽生えました。その後、現場主導による改善やイノベーションを促す効果が徐々に大企業や一流企業まで浸透し、注目されるようになっていったのです。

社員一人ひとりを、単なる“従業員”(言葉どおり、与えられた業務に従事するだけの人)ではなく、責任あるビジネスパーソンとして見るならば、経営者にとって、社員が自社の業績や経営の実態に関心を持つことは、本来、おおいに歓迎すべきことでしょう。個々の社員が、経営者と同じマネジメントの視点を持ち、自ら行動できるような自律性の高い組織でなければ、変化の激しい時代をとても生き抜いてはいけないからです。

オープンブック・マネジメントを自著で広く世に紹介した、マネジメント・ライターのジョン・ケース氏は、オープンブック・マネジメント導入のポイントは、何といっても徹底した情報公開だとしています。ただし業績をオープンにするだけでは効果は得られません。公開した財務諸表に示されている数字の意味を社員が理解できるように教育・研修を実施すること(ビジネスリテラシーの向上)、自社の業績へのコミットメントを高めるために現場への権限委譲を進めること(エンパワーメント)、従業員持ち株制度などのしくみを活用して成果の公正な分配をルール化すること(成功報酬)――これら四つの要素がオープンブック・マネジメントを成功させる条件と言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
オーナーシップ
「オーナーシップ」とは、個人と組織、個人と仕事との関係を示す概念で、担当する仕事を“自分自身の課題”と主体的に捉え、強い情熱と責任感を持って取り組む姿勢のこと。与えられた職務やミッションに対する自発性、経営に対する当事者意識、参画意識などがオーナーシップを形成する要素です。 (2012/2/13掲...

関連する記事

和田秀樹さん 「見落とされている企業経営者の「心」のケア」
日本の企業では見落とされている経営者のメンタルサポートの重要性について、精神科医の和田秀樹さんが語ります。
2004/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中か...
2013/01/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第36回 「経営理念」を実現する人材マネジメント(前編) ~「経営理念」の作成・浸透が、強い人と組織を作る
厳しい経営環境の中、コスト削減やIT化・合理化で生き残りを図ろうとする企業は少なくない。しかし、それで果たして企業の活力は生まれてくるのだろうか?こんな時代だからこそ、経営者の思い、何より「経営理念」が人と組織にもたらす効果は大きいと考えられる。特に、勢いのあ...
2010/04/19掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...