【ヨミ】ストレスタイセイ ストレス耐性

「ストレス耐性」とはストレスに対するタフさ、ストレスにどれだけ耐えられるかという抵抗力のことです。同じ環境下でも、ストレスを強く感じる人と感じにくい人、あるいはストレスに打ち克てる人とそうでない人がいるのは、個々のストレス耐性に差があるからです。
(2010/9/6掲載)

ストレス耐性のケーススタディ

職場で求められるメンタルタフネス
選考基準に取り入れる企業が増加中

ストレスの原因(ストレッサー)が同じでも、影響の現れ方は人それぞれ。たとえば疲労や不眠、食欲減退といった症状が身体面に出る人もいれば、不安や抑うつ、イライラなどの心理面に現れる人もいます。またミスや不正、遅刻といった行動面への影響が出やすい人や、依存傾向が強まる、自暴自棄になるなど考え方にゆがみが生じる人も。そうした適応反応の違いも、ストレス耐性の個人差に起因するものです。

ストレス耐性は、人によって強さや反応の現われ方が違うだけでなく、同一人物でも、時と場合によって変化することがあります。たとえば日頃はストレスをあまり感じない、精神的にタフな人でも、何か大きな失敗を経験した後は自信喪失によってストレス耐性が弱体化し、小さなストレスでも影響を受けやすくなります。

ストレス耐性を決定する要素には、以下の六つがあります。

  1. 「感知能力」…原因となるストレッサーがあるときに、それに気づくか気づかないか
  2. 「回避能力」…ストレスを作りやすい性格かどうか
  3. 「根本の処理能力」…ストレッサーそのものをなくしたり、弱めたりすることができるか
  4. 「転換能力」…ストレス状態に陥ったとき、そのストレスの意味を良い方向に捉え直すことができるか
  5. 「経験」…いままでどんなストレッサーに、どれくらい晒された経験があるか
  6. 「容量」…ストレスをどれくらい溜めていられるか

近年は、企業が求める人材の条件の一つとしてストレス耐性に注目が集まっています。採用時にその程度を見極めるために、「圧迫面接」を復活させようとする動きも一部にはありますが、企業イメージを損なう恐れがあるほか、評価手法としての信頼性の面で、決して有効とはいえません。採用者は、ストレス耐性を決定づける上記の要素を理解した上で、多面的な観察・評価に努めるべきでしょう。

採用数を絞って厳選したにもかかわらず、期待の若手が入社早々に辞めてしまった――業種業界を問わず、そうしたケースは最近珍しくありません。採用選考の基準にストレス耐性をとり入れる企業が増えているのは、ストレス耐性の弱体化がメンタルヘルスの悪化を招き、早期離職につながりやすいためです。具体的な導入例としては、ストレス耐性が測定できる適性検査や課題達成型のグループ選考、仕事体験型のインターンシップなどがあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード