企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ストレスタイセイ ストレス耐性

「ストレス耐性」とはストレスに対するタフさ、ストレスにどれだけ耐えられるかという抵抗力のことです。同じ環境下でも、ストレスを強く感じる人と感じにくい人、あるいはストレスに打ち克てる人とそうでない人がいるのは、個々のストレス耐性に差があるからです。
(2010/9/6掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレス耐性のケーススタディ

職場で求められるメンタルタフネス
選考基準に取り入れる企業が増加中

ストレスの原因(ストレッサー)が同じでも、影響の現れ方は人それぞれ。たとえば疲労や不眠、食欲減退といった症状が身体面に出る人もいれば、不安や抑うつ、イライラなどの心理面に現れる人もいます。またミスや不正、遅刻といった行動面への影響が出やすい人や、依存傾向が強まる、自暴自棄になるなど考え方にゆがみが生じる人も。そうした適応反応の違いも、ストレス耐性の個人差に起因するものです。

ストレス耐性は、人によって強さや反応の現われ方が違うだけでなく、同一人物でも、時と場合によって変化することがあります。たとえば日頃はストレスをあまり感じない、精神的にタフな人でも、何か大きな失敗を経験した後は自信喪失によってストレス耐性が弱体化し、小さなストレスでも影響を受けやすくなります。

ストレス耐性を決定する要素には、以下の六つがあります。

  1. 「感知能力」…原因となるストレッサーがあるときに、それに気づくか気づかないか
  2. 「回避能力」…ストレスを作りやすい性格かどうか
  3. 「根本の処理能力」…ストレッサーそのものをなくしたり、弱めたりすることができるか
  4. 「転換能力」…ストレス状態に陥ったとき、そのストレスの意味を良い方向に捉え直すことができるか
  5. 「経験」…いままでどんなストレッサーに、どれくらい晒された経験があるか
  6. 「容量」…ストレスをどれくらい溜めていられるか

近年は、企業が求める人材の条件の一つとしてストレス耐性に注目が集まっています。採用時にその程度を見極めるために、「圧迫面接」を復活させようとする動きも一部にはありますが、企業イメージを損なう恐れがあるほか、評価手法としての信頼性の面で、決して有効とはいえません。採用者は、ストレス耐性を決定づける上記の要素を理解した上で、多面的な観察・評価に努めるべきでしょう。

採用数を絞って厳選したにもかかわらず、期待の若手が入社早々に辞めてしまった――業種業界を問わず、そうしたケースは最近珍しくありません。採用選考の基準にストレス耐性をとり入れる企業が増えているのは、ストレス耐性の弱体化がメンタルヘルスの悪化を招き、早期離職につながりやすいためです。具体的な導入例としては、ストレス耐性が測定できる適性検査や課題達成型のグループ選考、仕事体験型のインターンシップなどがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

圧迫面接
圧迫面接とは、採用面接において、面接担当者がわざと意地の悪い内容の質問や厳しい批判をしたり、威圧的な態度をとったりして、受験者の受け答えを観察・評価する面接手法です。仕事上のトラブルや顧客・取引先からのクレームなどを想定し、受験者が緊迫した状況にどれだけ対応できるか、ストレス耐性や打たれ強さを見るた...
コーピング
コーピング(coping)とは、ストレスに対処するためにとる行動のことをいいます。普段私たちは、さまざまなストレスを感じて生きていますが、強いストレスをため続けると、心の病になってしまう可能性があります。しかしコーピングの手法を用いると、心の病にならないよう、上手にストレスと付き合うことができるよう...
ストレス・マネジメント
ストレス・マネジメントとは、ストレスを管理し、コントロールすることを意味します。近年、日本における労働環境は、技術革新などの影響で大きく変化。それに伴って、労働者のメンタルヘルス不調の増加が社会問題となっています。ここでは、職場におけるストレス・マネジメントの基礎的な知識と課題を紹介し、今後さらに求...

関連する記事

経験やスキルより「ストレス耐性」で採用する企業
中途採用での主な選考基準といえば、経験・スキル・意欲・人柄などが挙げられますが、今はそこに「ストレス耐性」が新たに加わろうとしています。近年注目されているのは、単に忍耐強いとか前向きであるといった「気持ちの問題」よりも、仕事のストレスに耐えられる精神的なタフさ...
2012/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」 ――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは
能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげることはできず、メンタルヘルス不調や離職を招く場合もあります。ビジネス環境が厳しさを増すなか、「ストレスに強い人材を見極めたい」というのは、採用担当の方々の切なる願いではないでしょうか。株式会...
2018/11/07掲載注目の記事
企業のメンタルヘルス対策“十分に活用されている”のはわずか4% ~「ストレスチェック義務化法案」成立を受けた企業の動向を調査 ~
従業員数50人以上の全ての事業場に、年1回のストレスチェックの実施を義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)」が 2014年6月19日に国会で可決・成立し、より体系的な従業員のストレス状況への対応が求められることになり...
2014/10/30掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

小論文テーマ
毎年、この時期になると頭を悩ませるのが、採用における小論文テーマです。IT系の会社であるため、論文を苦手とする学生も多い中、コミュニケーション能力・ストレス耐性を測れるなにか良い論文テーマはないものでしょうか?
ストレスチェックの対象外とできるか
いつもお世話になっております。 ストレスチェックの実施対象者から、既に精神疾患のある社員を外すことは可能でしょうか。ストレスチェック関連のサイトを探しても見当たりませんでした。第一次予防を目的とするなら可能であると思えるのですが、ご教授ください。
選考時のメンタルヘルスチェックについて
弊社では、キャリア採用を通年で行っているため多数の応募者がいるのですが、その中で実際に採用した社員のメンタル面での問題が数多く現場サイドからあがってきております。適性試験等で、そういったメンタル及びストレス耐性に特化した試験等ありましたらご紹介下さい。できれば、全国での採用を行っているため、WEBで...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...