企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ティーガタジンザイ T型人材

「T型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの軸に据えつつ、さらにそれ以外の多様なジャンルについても幅広い知見を併せ持っている人材のことです。アルファベットのTの文字のタテ棒を専門性、ヨコの棒を視野の広さに見立てて、こう呼びます。
(2010/4/19掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

T型人材のケーススタディ

時代が求める人材像はI型からT型、Π型へ
異分野との融合が新しい価値を生み出す

得意分野をベースに周辺領域まで理解できるT型人材に対して、特定の領域に特化するスペシャリストは「I型人材」と呼ばれます。ビジネスの大規模化や多様化が進んだ結果、専門領域が細分化され、かつては企業でも研究開発やものづくりの現場を中心に、一芸に秀でたスペシャリスト=I型人材を重要視する風潮がありました。欧米追従型の研究開発が主流の時代にあって、それは必然でした。日本人の創造力はもっぱら、既存の技術の改良や製造手法の高度化、生産管理の洗練といった方向で発揮されたため、専門性をとことん深耕し、突き詰めるタイプの人材が求められたのです。

ところが21世紀を迎えると、グローバル競争をリードするフロントランナーとして、旧来の追従型とは異なる創造性の発揮が求められるようになりました。自ら新しい価値を生み出す――その役割を期待して打ち出されたのが、T型人材という人材像です。文部科学省の科学技術・学術審議会も、2002年夏に発表した『世界トップレベルの研究者の養成を目指して』と題する提言において「幅広い知識を基盤とした高い専門性」こそが、これからの時代の研究者に必要とされる「真の専門性」であると指摘しています。

では、なぜT型人材は創造性を発揮できるのでしょうか。かねてから「T型人間たれ」と提唱しているシャープの町田勝彦会長は、ある講演において、これからのものづくりに大切なのは技術の融合であり、それを実現するためにはT型人材の育成が不可欠だと指摘しています。「技術者は放っておくと、I型人間の集団になってしまう。会社は意図して、ローテーションや研修制度の導入を行っていく必要がある。Tの横に広がったノリシロの部分が他の人とくっつくことで、化学反応が起こり、新たな製品や技術を生み出せる」。

ものづくりの世界に限らず、ビジネスにイノベーションを起こすためには、異分野との融合によるシナジー効果やクロスファンクショナル(分野横断的)な発想が欠かせません。だからこそ、T型人材の必要性が広く論じられているのです。最近では、コア社員に求められる理想の人材像として、T型をさらに進化させた「Π(パイ)型人材」(複数の専門分野に精通し、かつ全体の調整もできる人材)にも注目が集まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

アクイ・ハイヤー
「アクイ・ハイヤー」(acqui-hire)とは、英語の買収(acquisition)と雇用(hire)を掛け合わせた造語で、買収による人材獲得という意味です。大企業が、優秀なエンジニアや開発チームを獲得するために、そうした人材が所属する零細ベンチャー企業をまるごと買収する手法を指します。2000年...
人材ポートフォリオ
「人材ポートフォリオ」とは、事業活動に必要な人材タイプを明確化した上で、組織内の多様な人的資源を分類し、どの人材タイプがそれぞれ何人いるか、あるいは必要となるかを分析したもの。企業戦略や目標を実現するために最適な人材タイプの組み合わせを設計するのが目的で、採用や育成を含めた中・長期の戦略的HRMの立...
エグゼクティブ・サーチ
エグゼクティブ・サーチ(executive search)とは、経営幹部を採用する際に、現職で活躍している有能な人材を社外から探し出す採用手法のこと。企業から依頼を受け、採用活動を行う会社のことをエグゼクティブ・サーチ・ファームといいます。

関連する記事

人材紹介ビジネスを「取り巻く環境」
当面追い風が見込まれる人材業界だが、人材紹介会社には、個々の特徴を生かしつつ市場に合わせた柔軟な対応が求められている。業界の課題と今後の展望について分析した。
2016/08/31掲載よくわかる講座
「博士」の採用に二の足を踏む企業
中途採用に重要な要素の一つにタイミングがあります。優秀な人材がいたとしても、社内に空きがないと採用できません。逆に採用したくなった時には良い人材の応募がないということはよくあるもの。もう一つは決断力です。平均的にレベルの高い人材を採用するか、多少バランスは悪く...
2013/02/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...