企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】グリーンコヨウ グリーン雇用

企業が、環境・エネルギー問題への取り組みによって新たな職種や雇用を創出するとともに、環境に関する高い意識や専門技術を有する人材を積極的に活用することを「グリーン雇用」といいます。
(2009/5/25掲載)

グリーン雇用のケーススタディ

環境関連市場の雇用創出は今後10年で倍増
環境意識が企業と人材を結び付ける時代に

政府が太陽光・風力などの再生可能なエネルギー振興や環境対策に積極的な投資を行い、景気浮揚と雇用創出をはかる「グリーン・ニューディール」政策が世界的に注目を集めています。英国のシンクタンクが2008年夏に発表した同名レポートに端を発し、米国では、バラク・オバマ大統領が選挙中から今後10年間で500万人規模の「グリーン雇用」を創出すると提唱。同国経済立て直しの切り札として期待されています。

日本政府も、太陽光発電や省エネ家電の普及などを促進し、2020年までに環境関連市場の規模を06年に比べ50兆円増の120兆円、雇用を倍の280万人にまで拡大する「日本版グリーン・ニューディール」構想を今年4月に発表しました。

こうした動きに伴い、人材へのニーズも、にわかに高まってきています。

ヘッドハンティング大手のサーチファーム・ジャパンは今年4月から米・ニューヨークに現地法人を設立し、米国企業向けに日本人の環境関連技術者の紹介事業を始めました。同社は、グリーン・ニューディール政策によって、米国内で環境関連の人材ニーズが急増していることに着目。独自に開発した日本人技術者のデータベースのなかから、企業側が求める技術を持ち、しかも米国勤務が可能な人材を探し出して、年間100人以上の紹介につなげたいとしています。

今後の環境関連市場の成長を疑う余地はないでしょう。しかしエネルギー事業やリサイクル事業などの直接的な環境ビジネスや、それに関わる環境系の専門職だけが「グリーン雇用」の“場”ではありません。企業の社会的責任(CSR)が普及するなか、業種職種を問わず、すべての企業とそこで働くすべての人材に環境への配慮が求められているからです。今後、環境に対して積極的に取り組む企業がさらに増えれば、働き手の環境意識の高さが採用やキャリアアップの重要な基準として一般化することも考えられます。

日本で01年からグリーン雇用の概念を提唱している環境関連の人材派遣・紹介会社グレイスでは、「環境というキーワードを通じて生まれる、人と企業の出会い」がグリーン雇用の本質であると定義しています。一時的な景気対策の枠にとどまることなく、企業が企業価値を高める手段として、また働き手が仕事の社会的意義を追求する機会として、「グリーン雇用」はますます広がっていくでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
環境教育
地球温暖化や自然破壊など環境問題の深刻な現状を踏まえて、企業活動が環境にどんな影響を与えているのか、環境を保全していくためには職場や地域、家庭がどんな取り組みをすべきかなどを考えるために行われる教育のことです。

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
中途採用の「意義」
多様化する採用市場における中途採用の最新事情とそのメリットとは?
2016/07/15掲載よくわかる講座
人材紹介とは
「人材紹介とは、人材採用を行う企業に対して、条件にあった候補者を紹介する採用支援サービスだ。人材紹介会社は、厚生労働省から許認可を受けた民間企業で、求人企業からの紹介料で運営される。そのため、正式には「有料職業紹介事業」となるが、一般的には「人材紹介」という表...
2012/10/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...