企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】デジタルネイティブ デジタルネイティブ

デジタルネイティブ(digital native)とは、生まれたときからインターネットが空気や水のように、あたりまえの環境として存在していた世代をいいます。世界初の商用インターネットがスタートしたのが1987年、日本では92年で、これ以降に生まれた若年層が該当します。幼い頃からITに慣れ親しんでいる彼らに対して、人生の途中からITに触れた世代を「デジタルイミグラント(digital immigrant=移民)」と呼びます。
(2009/3/16掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルネイティブのケーススタディ

ネットコミュニティを自在に活用する新世代
ビジネスや組織のあり方を変える可能性も

「デジタルネイティブ」という概念は2006年、米国の大手ITリサーチファーム、ガートナーのリサーチ部門最高責任者であるピーター・ソンダーガード氏によって初めて提唱されました。日本では08年11月にNHKスペシャル「デジタルネイティブ〜次代を変える若者たち〜」が放送されて以来、注目が集まっています。

デジタルネイティブ世代には、

「現実の出会いとネットでの出会いを区別しない」
「相手の年齢や所属肩書きにこだわらない」
「情報は無料と考える」

などの特徴があるといわれます。ブログなどのツールやさまざまなネットコミュニティを自由自在に活用する彼らは、何の面識も予備知識もない人と瞬時につながることに抵抗をまったく感じません。むしろ情報収集力に長けているため、問題解決のスピードが早く、不特定多数の人々と多彩なコラボレーションを展開することで、新しい事業や組織を立ち上げている若者も少なくないといいます。仮想と現実の区別がなく、「すべてがリアル」と考えるデジタルネイティブたちは、旧世代のデジタルイミグラントとはそもそも感覚や価値判断の基準がまるで違うのかもしれません。

今後、企業はこの世代とどう向き合っていくべきか。消費者としてはもちろんのこと、働き手として彼らは職場にどのような変化をもたらすのか――先述の番組では、遅くとも10年後、デジタルネイティブが労働市場に出てくるまでに企業は根本から変わっていなければ生き残れないだろうと述べていました。たとえば彼らの世代で優秀な人材を雇用しようと思えば、職場のネット端末に使用制限を加えることは許されないかもしれません。なぜなら彼らの才能の源泉の多くは、ネット上のコミュニティにあるからです。デジタルネイティブを活用していくには、その個人がもつ豊かなネットワーク全体までも雇用する覚悟が必要ということでしょう。そうでなければ、企業がデジタルネイティブ世代の力を活かしきることは難しいかもしれません。いまや会社という現実の組織に属さなくても、ネット上で新しい「価値」を創出し、自己実現できる時代なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ミレニアル世代
「ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味。おもに米国で1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されています。...
ジェネレーションZ(Z世代)
「ジェネレーションZ(Z世代)」とは、1990年半ばから2010年頃までに生まれた世代のことを指します。由来となったのはアメリカの作家ダグラス・クープランドによる書籍『ジェネレーションX ―加速された文化のための物語たち』。本書の中で、60~70年代前半に生まれた世代はジェネレーションXと名付けられ...
2020年問題
企業における「2020年問題」とは、バブル期に大量採用したバブル世代社員や人口が相対的に多い団塊ジュニア世代社員の高齢化にともなうポスト不足、人件費負担増などの諸問題を指す言葉です。現在、多くの日本企業で人員構成上のボリュームゾーンを占めるのがバブル・団塊ジュニア世代。2020年代には40歳代後半~...

関連する記事

「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
大久保幸夫さん 若手人材採用の「ミスマッチ」こうすれば防げる
若い世代の採用・就職をめぐって、「ミスマッチ」が起きるケースが増えています。限られた採用の工程の中で企業がいい人材を見きわめるには、どうしたらいいのか。職業人にとって、必要な能力とは何なのか。人と組織の研究機関である「リクルートワークス研究所」の所長、大久保幸...
2004/11/29掲載キーパーソンが語る“人と組織”
広がるネット情報とどうつき合うか 企業、人材紹介会社それぞれの対応とは
インターネットの充実は、転職の際の情報収集に大きな変化をもたらしました。以前であれば、企業の内部事情などは、その会社に知り合いがいない限り、知りようがありませんでしたが、最近ではクチコミ情報の専用サイトや掲示板を見れば、多くの企業の社内の雰囲気などの情報を得る...
2013/04/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...