印刷する印刷する 

【ヨミ】プレイングマネジャー

プレイングマネジャー

部下の育成・指導などを行う「マネジャー」としての役割と、売り上げに貢献する現場の「プレーヤー」としての役割を共に担うポジションのことをいいます。
(2008/9/22掲載)

ケーススタディ

プレーヤーとしての実務経験とは異なる
「専門的なマネジメント能力」が必要不可欠

プレイングマネジャーといえば、野球などのスポーツにおける、選手兼監督がよく知られていますが、最近ではビジネスの現場でもこの言葉が使われるようになりました。

バブル崩壊後、人件費抑制のためのリストラで、現場社員だけでなく管理職のポストも激減しました。その結果、営業の第一線に立ちながら、管理職として部下のマネジメントも求められる「プレイングマネジャー」が必要とされるようになったのです。

中小企業では、会社の代表である社長が、最前線で営業活動を行うことも珍しくありません。一方、これまでの大企業では、管理職といえば、常時社内にいて部下からの報告を受けたり、部下に指示を出したりするほかは、部門間の調整が主な業務である場合がほとんどでした。しかし、最近では、営業職として自らも第一線で成績をあげながら、部下の指導育成にあたるケースが増えています。

プレイングマネジャーには、「プレーヤー」としての個人の目標と、「マネジャー」としてのチームの目標を、共に達成することが求められます。この2つの目標達成のために必要とされる「能力」や「スキル」はそれぞれ異なります。

「プレーヤー」としてのスキルは、実務経験を積み上げることで得られる能力ですが、「マネジャー」としてのスキルには、会社全体の戦略を踏まえて部門のビジネスモデルを構築したり、会社が抱える本質的な問題を解決したり、将来を見据えて組織変革を行うなど、実務経験とは異なる、より専門的なマネジメント能力が必要になります。

企業を取り巻く環境は次第に厳しくなっています。今後、プレイングマネジャーの機能は、係長・主任などの現場の監督職に限定され、課長以上の管理職には、「問題解決型のマネジメント能力」といった、“マネジメントのプロ”としての機能が求められるようになるでしょう。

貴社の課題解決ノウハウが満載!! 『日本の人事部』注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
ミスマッチの応募にお困りの採用担当者様へ

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。