企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】タイショクネンキンセイド 退職年金制度

企業を退職した従業員(あるいはその遺族)に支払われる企業年金のこと。これまでの税制適格退職年金(以下、適格年金)や厚生年金基金が運用リスクに耐えられなくなり、確定拠出年金(日本版401k)や確定給付企業年金などの新しい制度に移行しつつあります。
(2004/10/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

退職年金制度のケーススタディ

777万人が加入する適格年金は
2012年3月末に廃止が決定

適格年金は企業が信託銀行や生命保険会社と契約を締結して運営する年金です。契約の内容が一定の要件(適格要件)に該当するものとして、国税庁長官の承認を受ける必要があります。1962年から導入されましたが、厚生年金基金と比較すると制度の自由度が高く、財政状況を見ながら内容を決められるため、とくに中小企業が積極的に導入してきました。年金給付は5年から10年の有期年金が中心ですが、一時金選択者も多いのが現状です。

また、厚生年金基金制度は66年から実施されました。企業が設立する厚生年金基金という別法人が資産運営主体となり、老齢厚生年金の一部を代行し、これに企業独自の給付(プラスアルファ部分)を上乗せする仕組みです。適格年金も厚生年金基金も、あらかじめ将来の年金給付水準を決めておく確定給付型と呼ばれるタイプの企業年金でした。

両方とも社外積立方式なので、従業員の権利保護にすぐれているだけでなく、企業にとっても掛け金の全額を損金処理できるメリットがありました。しかし近年、低金利時代が続いて運用実績が大幅に悪化、大幅な積立不足に陥る企業が相次いでいます。

そうした中、2001年3月期決算から退職給付に関する会計新基準が導入されたため、企業会計上、積立不足は企業経営にとって大きな重荷となるようになりました。そこで、従業員の受給権の保護と情報公開などを目的に、2002年4月から「確定給付企業年金法」が施行され、適格年金は2012年3月末をもって廃止されることになり、厚生年金基金も固定利率から変動利率を選べる確定給付企業年金に移行することが認められるようになりました。

社団法人信託協会などによると、厚生年金基金の資産残高は49兆9711億円(1357基金、加入者数849万人)、適格年金は20兆9767億円(5万9162件、同777万人)、確定給付企業年金が8兆700億円(312件、同135万人)となっています(2004年3月末現在)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

企業年金制度
企業が、従業員のより豊かな老後生活に備えるために導入する私的年金制度のこと。国が管理する公的年金の補完として位置づけられ、高齢化の進展とともにその役割はますます重要になっています。企業年金は元来、退職給付の一形態であり、退職一時金(いわゆる退職金)の分割払いという側面もあるため、基本的に企業側が年金...
退職給付制度会計
将来、企業が従業員に支払わなければならない年金や退職金を厳密に見積もり、これに対する企業の準備状況を開示する会計制度。2001年3月期から上場企業に適用されました。
キャッシュ・バランス・プラン
Cash Balance Plan。確定拠出型年金の特徴を取り入れた確定給付型年金です。米国の代表的なハイブリッド型(混合型)年金の一つで、日本では2002年4月に第一号が認可されました。CBと表記されることもあります。

関連する記事

「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの...
2005/03/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイン...
2007/09/10掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

確定給付企業年金における予定利率の設定について
確定給付企業年金において、年金財政上の予定利率はどのような根拠に基づいて設定、見直しを行ったら良いのでしょうか。
年金加入期間
お世話になっております。 入社する予定の契約社員から、今までどの年金も掛けたことがなく、47歳なので今から厚生年金に加入をしても受給できないので、加入したくないとの申出がありました。このような場合でも加入しなければならないのでしょうか。また、加入期間延長など何か年金受給の方法がありますでしょうか。 ...
(年調)扶養親族が公的年金を受給している場合の金額確認について
首記の件、年末調整についてご教示いただけますでしょうか。 扶養親族が公的年金を受給している場合に、逐一全員金額確認 をする必要というのは、やはりあるものなのでしょうか。 通常、 65歳未満・・・「年金額-70万円」 65歳以上・・・「年金額-120万円」 が38万円を超えた場合に扶養に入れないと...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...