企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ナバカリカンリショク 名ばかり管理職

十分な職務権限を持たないにもかかわらず、肩書きだけを与えられて管理職とみなされ、残業代が支払われない従業員のこと。「偽装管理職」とも呼ばれています。
(2008/4/21掲載)

名ばかり管理職のケーススタディ

ずさんな人事管理と経営側の都合がもたらした問題
さまざまな企業が「労務管理」の見直しに着手

労働基準法第41条第2号では、管理職について「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者(以下、「管理監督者」という)または機密の事務を取り扱う者」と定義し、休憩および休日に関する規定の適用除外者であるとしています。

しかし、この「管理監督者」を、経営者側が都合よく解釈し、十分な職務権限やふさわしい報酬を与えずに、休憩や残業、休日出勤を無給で強制する行為が問題視されています。日本労働弁護団が実施した「名ばかり管理職」の電話相談には、多くの相談が寄せられました。残業時間が多い月で110時間、少ない月でも70〜90時間を超え、過労自殺に至った深刻なケースや、肩書きがないにもかかわらず「管理職候補」として管理職同様に残業代を支払わない悪質なケースも報告されています。さらには、入社して日が浅い高卒1年目の若者を「管理職」にして残業代を支給しないという信じがたい実態も浮き彫りになりました。

名ばかり管理職」をめぐっては、日本マクドナルドの店長が訴訟を起こし、広く問題が知られるようになりました。東京地裁は2008年1月、「店長は管理職にあたらない」として同社に残業代など約755万円の支払いを命じる判決を出しています。全国展開するその他の外食・小売チェーン店でも、同様に店長を管理職扱いとし、残業代を払わないケースが多く、この残業代訴訟の行方は波紋を呼んでいます。すでに、この判決を受けてコンビニ最大手の「セブンイレブン・ジャパン」が、直営店の店長に残業代を支払うことを決めるなど、労務管理の見直しを迫られる企業が今後も増えるとみられます。

これまで同様の訴訟は30例ほどで、いずれも労働者側が勝訴しています。主な争点は、(1)人事権や営業方針の決定などの権限を持つか(2)出退勤の時間を自分で決められるか(3)管理職に見合った給料など待遇面で優遇されているかの3点に集約されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

未払い残業代
従業員が法定労働時間を超えて働いたにもかかわらず、会社から労働基準法で定められた時間外割増賃金が支払われない場合、この賃金債権を「未払い残業代」と呼びます。現在の民法の規定では、賃金債権の時効は2年。したがって労働者は最大で過去2年分までさかのぼって、未払い残業代を請求することができます。
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
役割等級制度
役割等級制度とは、それぞれの役職や仕事に求められる「役割」の大きさに応じて等級を設定し、その役割を担当する社員の格付けを行う制度のこと。「同一役割・同一賃金」を前提として、年齢やキャリアに関係なく、難易度・期待度の高い役割で成果を上げれば、それに見合う報酬が得られます。

関連する記事

管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
4. マネジメント研修・管理職研修の種類と内容
一口に管理職研修といっても、組織における管理職の位置付けにより求められる要件は異なり、そのカバーする範囲は非常に幅広いものとなっている。一般的に、新任管理職研修、管理職研修、上級管理職研修の三つに区分することができる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
6. ワーク・ライフ・バランスと管理職の役割
職場で仕事管理や人材マネジメントを直接行うのは「管理職」である。ワーク・ライフ・バランスの実現において、その役割は非常に大きい。管理職がその考え方を理解し、正しい取り組みに協力しなければ、企業におけるワーク・ライフ・バランスは、実現していくことが難しいだろう。...
2012/11/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

管理職ってどういう定義
事業の種類に関わらず監督若しくは管理の地位にある者の定義を教えてください。
管理職の深夜残業
管理職といえども、深夜残業を行った場合には割増賃金分を支給する必要がありますが、実態として請求する管理職はどの程度あるものなのでしょうか。
管理監督者の時間管理
当社における管理職者(管理監督者)は、年俸制を適用しており、時間外手当を支払っていません。一般職はタイムカード打刻を事務付け、時間管理していますが、管理職者にはタイムカードによる時間管理も行っていません。(労働時間は月末に自己申告)。しかしながら、管理監督者にも支払いが必要な深夜残業について、タイム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。