企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワークプレイスラーニング ワークプレイスラーニング

ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。
(2007/10/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークプレイスラーニングのケーススタディ

人材の能力向上に欠かせない現場での経験
「実務」と「学習」を連携させる企業内教育

働く現場では、常にあらゆる要望・変化に対応できる知識や、さまざまな問題の解決策を導き出す力が求められています。しかし、そのような能力を高めるには、従来の座学研修やセミナーだけでは限界があります。人は、直接的な経験を通して、新たな知識や価値観を得るものです。つまり、人材の能力向上を促進するには、「実務」と「学習」を連携させた仕組みづくりが必要となります。

例えば、コーチングやメンター制を取り入れたOJTの実施、e-ラーニングの導入などが考えられます。また、社員が業務で得た個別の知識やノウハウを一元で管理・共有できるナレッジマネジメントシステムを構築することで、現場での学習効果も高められます。さらに、問題解決の手段が増えたり、新商品の開発や新たな事業展開などの成果にもつなげることができます。

「現場での学び」を促進する制度を取り入れる上で重要なのは、社員が自発的に学べる環境を整備することです。社員が自ら課題を設定して、学習の機会をさまざまなツールから選択できる──その仕組みを組織のなかでどのように定着させていけるかが課題といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

経験学習
人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイ...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...
反転授業
「反転授業」とは、従来の授業形態を「反転」させた学習スタイルのことを指します。従来の学習ではインプットを授業中に、アウトプットを宿題として行っていました。しかし、「反転授業」ではまさにこの逆。インプットを家庭で、アウトプットを授業中に行うのが特徴です。具体的には、事前に家庭でeラーニングなどを用いた...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第61回 見直しが求められる「人材開発部門」の役割・機能(前編) ~企業と従業員のニーズの変化にどう対応していくか
企業の「人材開発部門」には、変革を推進していく担い手として、経営に貢献できる人材開発のプロとしての役割・機能であることが求められている。 『前編』では、人材開発部門に変化対応が求められている背景と、企業における人材開発の現状を見ていくことにする。
2013/01/11掲載人事マネジメント解体新書
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

英語で学ぶE-ラーニングツール
会計分野あるいはBPRについて、英語で学習するE-ラーニングツールがあれば費用や内容など教えていただきたいです。学習者が外国人のため、日本語のサイトだと学習効果という点で困難なところがあるためです。よろしくお願いいたします。
学習塾の人事制度について
人事制度の抜本的な改革に取り組もうとしております。学習塾を専門としたコンサルタントをご紹介いただけないでしょうか。
新入社員~入社2,3年の社員に対するOFF-JTについて
当社では、設立後間もなく現在まだ研修制度というものが特に構築されておりません。 ですが、新入社員の採用については、既に始めているため、新入社員~入社2,3年の社員に対して、早急に何らかの研修をしなければならないと考えております。 そこで、新入社員~入社2,3年の社員に対して、OJTではなくOFF-J...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン 富士通が実践する「働き方改革」

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...