企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キギョウナイダイガク 企業内大学

企業が社員教育のため社内にさまざまな講座を開設し、社員が自分の希望に沿って受講できる自発的な研修制度。「コーポレートユニバーシティ」とも呼ばれ、近年、国内企業においてその必要性が高まり、急速な広がりを見せています。
(2007/6/18掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業内大学のケーススタディ

業務の専門性向上に特化
次世代リーダー育成にも取り組む

GE(ゼネラル・エレクトリック社)の「クロトンビル経営開発研究所」やモトローラ社の「モトローラユニバーシティ」、マクドナルド社の「ハンバーガーユニバーシティ」など、1950年代から米国の主要企業が開設してきたのが始まりと言われています。その後、企業内大学は大きな進展を遂げ、あらゆる企業に派生し、国内企業においても次々と開設されています。

入社後、一定期間内で行われる研修は、ビジネスマナーや通常業務に必要なスキルの向上を目的としています。一方、企業内大学は従来の研修とは異なり、(1)業務にかかわる専門知識と能力の修得(2)企業のコアコンピテンシーの正しい理解の促進(3)次世代リーダーの輩出と企業独自の経営戦略にふさわしい人材の育成などを目的として運営されており、社員の将来へのキャリアアップに繋げることが主な狙いとなっています。

企業によってその体系はさまざまですが、一般的には、大学の講義のように必修講座と選択講座があり、社員は自分の目標や都合に合わせてプランを組み立てられます。以前は、将来の幹部候補を早期選抜し、リーダーになるために必要な教育のみを集中して行っていました。しかし、昨今の企業間競争の激化や時代の変化に柔軟に対応できる優秀な人材確保の必要性から、最近はどの企業も受講対象が全社員で、誰でも応募可能な公募制を採用。社員レベルの底上げと、自発的な学習意欲の向上を意図する動きが活発となっています。

特徴的なのが、企業内大学を管轄するのは社員研修を請け負っている人事部ではなく、独立した部署であるということです。受講内容に関係する部署の社員が講師を担当したり、外部教育機関の活用や社外から講師を招くなど、より専門的かつ組織戦略に直接リンクできるような講座がメーンとなっています。また、ソニーの「ソニーユニバーシティ」をはじめ、多くの企業では経営トップが自ら教壇に立ち、社員の育成に努めています。

米国企業では、次世代リーダー育成を担当するCLO(最高人材育成責任者)を設置する動きも活発化しています。日本でも、企業内大学と合わせて中長期的な視点からの人材育成が重要になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...