企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キギョウナイダイガク 企業内大学

企業が社員教育のため社内にさまざまな講座を開設し、社員が自分の希望に沿って受講できる自発的な研修制度。「コーポレートユニバーシティ」とも呼ばれ、近年、国内企業においてその必要性が高まり、急速な広がりを見せています。
(2007/6/18掲載)

企業内大学のケーススタディ

業務の専門性向上に特化
次世代リーダー育成にも取り組む

GE(ゼネラル・エレクトリック社)の「クロトンビル経営開発研究所」やモトローラ社の「モトローラユニバーシティ」、マクドナルド社の「ハンバーガーユニバーシティ」など、1950年代から米国の主要企業が開設してきたのが始まりと言われています。その後、企業内大学は大きな進展を遂げ、あらゆる企業に派生し、国内企業においても次々と開設されています。

入社後、一定期間内で行われる研修は、ビジネスマナーや通常業務に必要なスキルの向上を目的としています。一方、企業内大学は従来の研修とは異なり、(1)業務にかかわる専門知識と能力の修得(2)企業のコアコンピテンシーの正しい理解の促進(3)次世代リーダーの輩出と企業独自の経営戦略にふさわしい人材の育成などを目的として運営されており、社員の将来へのキャリアアップに繋げることが主な狙いとなっています。

企業によってその体系はさまざまですが、一般的には、大学の講義のように必修講座と選択講座があり、社員は自分の目標や都合に合わせてプランを組み立てられます。以前は、将来の幹部候補を早期選抜し、リーダーになるために必要な教育のみを集中して行っていました。しかし、昨今の企業間競争の激化や時代の変化に柔軟に対応できる優秀な人材確保の必要性から、最近はどの企業も受講対象が全社員で、誰でも応募可能な公募制を採用。社員レベルの底上げと、自発的な学習意欲の向上を意図する動きが活発となっています。

特徴的なのが、企業内大学を管轄するのは社員研修を請け負っている人事部ではなく、独立した部署であるということです。受講内容に関係する部署の社員が講師を担当したり、外部教育機関の活用や社外から講師を招くなど、より専門的かつ組織戦略に直接リンクできるような講座がメーンとなっています。また、ソニーの「ソニーユニバーシティ」をはじめ、多くの企業では経営トップが自ら教壇に立ち、社員の育成に努めています。

米国企業では、次世代リーダー育成を担当するCLO(最高人材育成責任者)を設置する動きも活発化しています。日本でも、企業内大学と合わせて中長期的な視点からの人材育成が重要になっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
研修内製化
研修内製化とは、社内の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
自転車通勤推進企業
2020年4月、国土交通省は「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」を創設しました。本プロジェクトは、自転車通勤を導入する企業や団体を自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定するもので、企業活動における自転車通勤や業務利用の拡大を図ることを狙いとしています。

関連する記事

1. 新入社員研修とは
新入社員研修とは、企業が行う階層別研修のうち、文字通り、新入社員に対して実施される研修のことである。入社後すぐに実施され、学生という身分から社会人となることを目的に、会社組織で職務・業務を遂行する上で必要な知識やスキル、ビジネスマナーなどの基本を身に付けてもら...
2012/11/12掲載よくわかる講座
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。