企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サンカクガッペイ 三角合併

2007年5月1日に解禁された法律で、親会社が子会社を通じて別の会社を吸収合併する手法です。組織再編に買収側の親・子会社と買収対象会社の三者がかかわるため、三角合併と呼ばれます。合併される側の株主は、その対価として相手の親会社の株式を受け取ります。外国企業が日本企業を買収する場合、日本に設立した外国企業の子会社と日本企業を合併させ、日本企業の株主に外国企業の株式を割り当てます。
(2007/5/21掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三角合併のケーススタディ

日本経済の活性化に期待する一方、
企業の約46%が敵対的買収を懸念

昨年施行した会社法の目玉とされながら、経済界の反発を受けて先送りされていた三角合併を今回認めたのは、海外からの対日直接投資を増やし、日本経済を活性化する狙いがあるためです。外国企業が日本企業に対しM&Aを行う場合は、TOBなどの方法がありますが、三角合併を行えば日本企業を100%子会社化することができます。経済界が反発していたのは、こうした外資による敵対的買収を懸念したからです。

政府は外国企業が日本企業の株式を10%以上取得する際に必要な事前届出の対象分野の範囲を拡大し、安全保障・技術流出の両方の保護策を表明しました。

この他にも、外国企業が三角合併を行うには厳格な情報開示が求められています。外国の非上場企業は日本での知名度は皆無に等しく、どんな会社であるのか、企業価値はどの程度あるのかなど、株主が知りたい情報は多岐に渡ります。そのため、外国企業は事業や財務状況、株価の動向に加え、上場している証券市場・証券会社の情報や定款、議決権総数などを日本語によって開示することが義務付けられています。

日本企業と外国企業双方の日本における組織再編の選択肢を増やし、企業競争力を向上させるといった前向きな見方もあります。また、合併される会社の取締役会の賛同を経て、株主総会でも3分の2以上の賛成が必要という条件があるため、三角合併が敵対的買収に使われにくいという意見もあります。日本企業がグローバル化を目指していくには、三角合併を利用し世界のトップ企業の傘下に入ることも有効かもしれません。さまざまな相乗効果がもたらされ、未知なる成功を手にする可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

時価総額
株価に発行株数を掛けた数字で、その会社の値打ちを表す指標として使われます。堀江貴文・前社長の逮捕で揺れたITのライブドアは「時価総額世界一」を目標に掲げて経営を行っていたと言います。
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
生活残業
「生活残業」とは、生活費として残業代を稼ぐため、意図的に残業することをいいます。日本企業で長時間労働が問題となっている理由の一つは、「生活残業」を当てにする労働者が多いこと。この背景には、会社側は従業員一人ひとりがどのように働いているかを把握し切れず、従業員側は意図的に仕事の工数や働く時間を増やすこ...

関連する記事

池上彰さん あなたの会社が「敵対的M&A」に巻き込まれたとき
自分の会社がいつ買収されるか知れない時代、いざ買収されてもそこで生き残ることができるように、今から何をしておくべきなのか。近著『あなたの会社は狙われている!?』(講談社)で、企業のM&Aをわかりやすく解説した池上彰さんに聞きます。
2005/06/20掲載キーパーソンが語る“人と組織”
転職する前に知りたい「企業の本当の姿」 人材紹介会社の持つ情報はどこまでが真実か?
転職する前に誰でも知りたいと思うのが「その会社の本当の姿」。表面からはなかなか分からない社内の実態や社風といった情報の提供を、第三者である人材紹介会社に期待している転職希望者はかなり多い。ただし、それらの情報はあくまでも非公式な上に、特定の人の視点による偏った...
2011/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
実は不安の裏返し? 採用条件に細かい外国人求職者
日本で働く外国人が増えているが、それに伴って、国内で転職するケースも増えてきている。転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用する。その割合は、日本人よりも高いかもしれない。もともと海外では、日本に比べて人材紹介の普及率が高く、外国人が利用することに慣れて...
2010/02/22掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

就業規則の統一
この度グループ会社を合併します。 合併会社である当社の就業規則を被合併会社(消滅会社)に適用する予定ですが、当社の休日は【(1)日曜日、(2)土曜日、(3)国民の祝日・祭日】となっており、一方、被合併会社(消滅会社)の休日は、【(1)日曜日、(2)国民の祝祭日、(3)指定休日(第2、第4土曜日)】と...
出向先からの派遣について
当社の子会社へ当社社員を出向させて、子会社から他社へ派遣社員として勤務させることは違法になるでしょうか。子会社は、派遣事業を取得しています。※子会社は当社100%出資の会社です。
海外子会社から日本へ受け入れる駐在員への労働基準法の適用
海外子会社から日本へ社員を受け入れる場合に、労働基準法(特に時間外労働手当)や会社の就業規則が適用されるか教えてください。 ①海外子会社から日本へ出張し、指揮命令は海外子会社が行う場合 ②海外子会社から日本へ出向(異動)し、指揮命令は日本の会社が行う場合 以下の理解で宜しいでしょうか? ①の場合...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...