企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トクベツトリシマリヤク 特別取締役

特別取締役とは、会社の重要な財産の処分や譲受、多額の借財などについて決定できる役職です。その決定は、取締役会決議と同等の効果を持つことができます。
(2006/8/7掲載)

特別取締役のケーススタディ

すぐに招集可能な役員を特別取締役に任命
大企業の意思決定を迅速化できるメリット

2005年に行われた法改正で、今まで商法、有限会社法、商法特例法の各規定に分かれていた会社に関する法律が、「会社法」として一つにまとまりました。「特別取締役制度」はこの法改正によって導入されたもので、この制度で企業は従来よりもスピーディな経営判断が可能になりました。

特別取締役には、会社の重要な財産の売却や購入、多額の借金などについて議決権が与えられています。取締役会の決議で3人以上(たとえば社長・副社長・専務)を特別取締役に任命すれば、その過半数の賛成で、これら重要案件について決定できます。

ただし企業が特別取締役制度を利用するには条件があります。その条件とは、(1)取締役設置会社であること(2)取締役が6名以上であること(3)なおかつそのうち1名が社外取締役であること、の3つです。

従来の商法では、重要な財産の処分および譲受、多額の借財などについては「取締役会で決定しなければならない」という規定がありました。しかしこれらの事例については緊急な判断を必要とされることが多く、とりわけ大企業の場合、多忙な取締役たちを短時間に招集して対応することができない、という問題がありました。この問題を改善するため、従来の商法には「重要財産委員会」という制度もありました。3人の取締役が重要財産委員会のメンバーになり、取締役会から委任を受けた案件に関してのみ、決定することができるというものです。

新しい特別取締役制度は、重要財産委員会制度から一歩進んだものと言えるでしょう。両者の大きな違いは、決定権限の範囲です。重要財産委員会が持つ決定権は、取締役会から委任を受けた事項に関してのみでしたが、特別取締役制度では、いちいち委任を受けなくとも、特別取締役が土地や財産の処分など、重要案件の決定権限を持つことができます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

社外取締役の登記
いつも勉強させていただいております。 社外取締役の登記について教えてください。 基本的なことで恐縮ですが、 社外取締役を選任すると、当然ながら、取締役としての登記は必須であり、社外取締役である旨の登記については、特別取締役による議決の定めがあるときなど一定の場合のみ、という理解で正しいでしょうか...
退職金制度の新規導入について
現在、弊社(社員24名)には退職金制度がありません。 新規導入を検討中で中退共を候補に挙げていますがデメリットも多く、決定に至りません。 他に中小企業が利用しやすい制度などありませんでしょうか。
社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...