無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】フンショクケッサン 粉飾決算

会社の業績を実態よりも過大に見せたり、または過小に見せたりするため、経理内容に操作を加えた決算のことを言います。とくに利益をかさ上げして表示するケースが多く、過小に見せかける場合はこれを区別して「逆粉飾決算」と呼ぶこともあります。
(2006/6/5掲載)

粉飾決算のケーススタディ

会社の業績を実態よりも過大に見せる
経営者にとっては「麻薬」のような手段

ライブドアの粉飾決算は、株式交換による企業買収の名目で新規発行した自社株を、実質的にライブドアが支配する投資事業組合に取得させ、海外取引を駆使して秘密裏に売却したうえ、その売却収入の一部を2004年9月期の連結決算で、不正に売上に計上した疑いによるものです。

虚偽の決算を有価証券報告書に記載した場合、証券取引法違反の罪に問われ、5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられますが、粉飾決算に基づいて配当した場合には、商法の違法配当罪にも問われることになります。

典型的な粉飾決算は、売上の水増しや在庫の架空計上などによって行われるもので、仕入原価がまったくかからない売上を計上するため、粉飾の効果を大きくできる半面、粗利益率が前期に比べて大きく変動してしまうことから、発見されやすい粉飾とされています。これに対して、人件費や設備投資(=減価償却費)などに手を加えるやり方は、粉飾する側も煩雑な操作を加えますから、なかなか発見されにくくなります。

いずれも、その動機としては対外的信用の維持や資金調達、あるいは経営陣の保身によるものが多く、ライブドアのケースでも企業買収を繰り返すための原資として株価を高値に維持する必要から粉飾されたと見られます。ただし、その手口は株式の売却収入をダミー法人を通してライブドアに還流させたり、海外のタックスヘブン(租税回避地)を経由するなど複雑な金融操作を伴う悪質なものでした。

過去最大の粉飾決算は日本長期信用銀行でその額は約3500億円。山一證券も簿外債務約2600億円を隠蔽し、最近では、カネボウが総額2100億円を粉飾していたとされます。

倒産・破綻時に巨額の粉飾決算が明らかになったのは、山陽特殊鋼、日本熱学、不二サッシ、リッカー、そして日本長期信用銀行や山一證券などでしたが、山陽特殊鋼を除くといずれも再建できませんでした。

粉飾が行われると証拠を隠滅して粉飾を施した決算書だけを手元に残すため、それが長期にわたって繰り返されると累積的な粉飾が誰にもわからなくなってしまいます。経営者にさえ経理の実態や会社の置かれた状況が把握できなくなるわけですから、すべてが明るみに出た時点では、再建の糸口も再建させるだけの強固な意思も残っていないことが多いのです。経営者にとっての粉飾決算とは、まさに麻薬のようなものと言えます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード