企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ユウコウキュウジンバイリツ 有効求人倍率

ハローワークで仕事を探している1人に対し、何件の求人があるかを示した数値。完全失業率と並んで日本を代表する雇用統計となっています。
(2006/4/24掲載)

有効求人倍率のケーススタディ

2005年12月は13年ぶりに1・00倍を回復
地域間、職種間の格差は広がっている

完全失業率が景気の実態に比べて半年から1年ほど遅れて動く「遅行指数」であるのに対して、有効求人倍率は景気の実態と同時に動く「一致指数」と呼ばれています。厚生労働省は2005年12月の有効求人倍率が約13年ぶりに1・00倍に回復したと発表しました。ようやく求職者数と求人数が均衡した状態に戻り、景気回復に伴う雇用環境の改善が鮮明になってきたといえそうです。

有効求人倍率を職種別(パートを除く常用雇用ベース)でみてみると、「専門・技術職」の機械・電気技術者が5・2倍と最も高く、次いで情報処理技術者が3・76倍。新製品の開発やIT投資に積極的な企業が増えていることがうかがえます。その一方で「事務職」の会計事務が0・44倍、一般事務は0・21倍と低迷、職種間の格差はかなり広がっていることが分かります。

地域間の格差も深刻です。都道府県で最も有効求人倍率が高いのが、自動車産業が好調な愛知県の1・61倍。次いで情報関連など新しいビジネスが盛んな東京が1・54倍、液晶産業が集中立地している三重県も1・50倍で全国平均を大きく上回りました。一方、0・41倍で最も低いのが沖縄県。北海道(0・63倍)や九州(0・69倍)も低く、縮小した公共事業に代わる新たな産業の振興が急務となっています。

雇用形態にも変化がみられます。1992年に約24万人だったパートタイムの有効求人数は、2005年には約3倍の約71万人に急伸し、正社員などパートタイム以外の求人数の伸び(約126万人から約150万人に)を大きく上回りました。一方、正社員など常用雇用を望む人に対する正社員求人数の比率は0・65倍と低迷しており、1倍以上は愛知県(1・24倍)だけ。いぜんとして安定した職を得るのは厳しい状況が続いています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
若手社員の不足 どう解決するか
労働力調査(総務省)の平成25年平均結果において、非正規雇用で働く25歳から34歳の者が現職に就いた理由で最も多いのは、「正規の職員・従業員の仕事がないから」。その割合は3割を超え、他の年齢層よりも高く、不本意な形で非正規雇用に身をおいている者が多いことがうか...
2015/08/06掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するQ&A

外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...