【ヨミ】ファンド ファンド

複数の投資家や個人から資金を集めて運用する投資基金のこと。企業、商品、不動産などに投資し、高い利回りを達成することを目的としています。
(2005/12/26掲載)

ファンドのケーススタディ

リスク覚悟で年率20〜30%以上の
利回りを狙う投資基金

ファンドは投資する対象によっていくつかのタイプに分類できます。株式や債券に投資するヘッジファンド、業績不振企業を再生させることで利益を得るバイアウトファンド、未公開企業を中心に投資するプライベート・エクイティ・ファンド、金属、原油、農産物など先物市場に投資する商品ファンド、土地や建物などに投資する不動産ファンドなどがあります。また不良債権や倒産企業などを安値で買い叩き、短期間に高値で売り抜けるファンドを、屍肉に群がる鳥にたとえて「ハゲタカ」と呼ぶこともあります。

ファンドに出資しているのは、主として国内外の金融機関や生損保会社、証券会社、年金基金、事業法人などです。また見かけは外資ファンドであっても、実際にお金を出しているのは国内の投資家という場合も少なくありません。ファンドの資金規模は銀行借り入れを組み合わせることで軽く2倍、3倍に膨れ上がります。大半のファンドは一定期間内で運用実績を上げる必要があり、年率20〜30%以上の利回りを目標としているところが多いようです。その儲けの一部が資金運用を手がけたファンドマネジャーに支払われます。

阪神電鉄の筆頭株主に躍り出た村上ファンドは、通産官僚出身の村上世彰氏が率いる投資ファンドの総称で、資産規模4000億円、85%が海外からの流入投資資金と言われています。その手法は、保有資産や利益水準に比べて株価が著しく低い企業の大株主となり、配当増額や経営改善などを要求して具体案を提示、企業価値を向上させたうえで高く売るというものです。必要に応じて株主総会の議決権を行使し、経営陣との対決も辞さないことから「モノ言う株主」とも呼ばれています。

もちろんすべてのファンドか高い投資利回りを達成できるわけではありません。預金などと違ってファンドには損失を被る危険(リスク)も伴います。リスクがあればこそ、高い投資利回りを期待できるわけです。米投資ファンドのリップルウッド・ホールディングス(現RHJインターナショナル)は、リスクを抱えた新生銀行(旧日本長期信用銀行)を買収、4年後に同社の株式を上場して2890億円の株式売却益を得ました。これからの10年間で玉石混淆のファンドの淘汰が進むと言われています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード