企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/06/11

【ヨミ】ニンチテキフキョウワ 認知的不協和

「認知的不協和」とは、自分の中に矛盾する二つの認知を抱えたときに生じる、居心地の悪さや不快感を表す心理用語です。アメリカの心理学者である、レオン・フェスティンガー氏によって提唱されました。認知的不協和から起こる不快感によって、人は自らの態度や行動を変容させていると考えられています。また、人は不協和を軽減させたいがために、過去の認知または新しい認知のいずれかを否定する傾向にあります。

認知的不協和のケーススタディ

痩せたいけど、食べたい
成果を上げたいけど、努力は面倒

人は、合理的な判断ができるときばかりではありません。矛盾した二つの認知を抱えて生きていることは珍しいことではなく、日常のさまざまな場面に認知的不協和は存在しています。例えば、ダイエットのために「食事制限をしよう」と心に決めているのに、お腹が空くとスイーツに手が伸びてしまう。友人からの食事の誘いを断ることも難しい。それでも、好ましくないことをしているという自覚があるため、相反する二つの認知にストレスを感じてしまうのです。

認知が矛盾している居心地の悪さから解放されるため、人は古い認知または新しい認知を否定し、行動か認知かのいずれかを変更していきます。タバコを例にすると「健康に悪い」という認知と、「吸う」という行動から、認知的不協和が生まれます。この矛盾から逃れるために、「タバコをやめる」という行動変更や「祖父はタバコを吸っていたが100歳まで生きた。喫煙と健康に因果関係はない」などと認知を上書きしたりするのです。

仕事でも認知的不協和が生じる場合があります。例えば、成果を思うように上げていないことに対して、上司から「今のままのやり方で本当に問題ないか」と質問されたとします。言われた本人には、同じように「成果を上げていない」という認知と、「やり方を変えるのは面倒だ」という認知があります。その矛盾からくる不快感を解消するために「同期のAはこの方法でうまくいっているから、このまま踏ん張れば何とかなる」と、上司のアドバイスを無効化してしまいます。

認知的不協和は、人々がストレスを避けるために無意識的に行っていることです。ストレスや不快感をため込まないために、認知的不協和を軽減のする行動や認知の変容は必ずしも悪いこととは言えません。しかし仕事となると、自己正当や合理化が好ましくない場合もあるでしょう。認知的不協和が起きたとき、事実をねじ曲げて都合よく解釈しないためにも、認知的不協和という理論や概念を知っておくこと、そして自身の認知の癖を自覚しておくことが大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

非認知能力
「非認知能力」とは、経済学や心理学で使われる言葉で、IQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般をいいます。具体的には、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力など。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力ともいえます。研究によれば、労働市場にお...
認知的徒弟制
「認知的徒弟制」とは、伝統的な徒弟制の職業技術訓練をモデルとして、いわゆる見習い修行の学習過程を認知的に理論化した学習方法のことです。アメリカの認知学者ジョン・S・ブラウンやアラン・コリンズらによって提唱されました。初学者(=弟子)が熟達者(=親方)から学ぶ認知的徒弟制の学習過程には、(1)モデリ...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」 ――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは
能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげることはできず、メンタルヘルス不調や離職を招く場合もあります。ビジネス環境が厳しさを増すなか、「ストレスに強い人材を見極めたい」というのは、採用担当の方々の切なる願いではないでしょうか。株式会...
2018/11/07掲載注目の記事
小杉正太郎さん 急増する「社内うつ」の傾向と対策
「社内うつ」は本物のうつ病とどこが違うのか。急増の背景は何か。企業はどのような対策を講じたらいいのか?25年前から企業内でカウンセリング活動を続ける小杉正太郎さんにうかがいました。
2005/04/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」 第16回 組織の活力を保つための「メンタルヘルス対策」
人事マネジメント「解体新書」 第16回 組織の活力を保つための「メンタルヘルス対策」
2008/06/16掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

人事(行動)評価と懲戒処分について
当社の人事評価制度では、行動評価の対象範囲を、業務上の行動に限定し、業務外のプライベートな行動は評価対象外として整理していますが、業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で、就業規則に基づく懲戒処分を付した場合でも、その行為(事実)は当該年度の行動評価の対象として評価を行うべきなのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...